元女流棋士・竹俣紅にアンチ急増中!?「チヤホヤされたいんだろうな…」

(C)Michal Kowalski / Shutterstock 

来春、フジテレビのアナウンサーとして入社が内定している元女流棋士・竹俣紅が、〝あざとい〟とネット上で話題になっている。

10月1日に投稿した自身のインスタグラムでは《きょうから10月ですね~来春から社会人になる皆さん、一緒にがんばりましょう》とコメント。ウルフルズの楽曲『ガッツだぜ!!』をBGMとして流し、〝ガッツポーズ〟する動画を披露した。

この動画には、ネット上からは、

《将棋を捨てて、芸能に走られた残念な方というイメージ》
《フィギュアの中野友加里みたいになるのでは? しばらく勤めて寿退社》
《華のあるポジションで、チヤホヤされたいんだろうなって印象》

といった厳しい声があがっている。

「竹俣は、都内でも有数の進学校『渋谷教育学園渋谷中学校』在学中に森内俊之九段の門下に入り、女流棋士になりました。現役時代は、美人女流棋士として大人気でしたが、肝心の将棋の実力は正直イマイチ。そのためか、早々と見切りをつけて芸能界入りしましたね。もともと、将棋ファンの間では、負けず嫌いな性格として知られていて、『東大王』(TBS系)では、東大卒のクイズ王・伊沢拓司の不正解に拍手して喜ぶなど、負けん気の強さを見せていました」(芸能ライター)

将棋は芸能界入りの“策略”にすぎない?

「女流棋士を引退した際は、『大学で広い世界を見たことで「社会に出て働きたい」と思うようになった』『もともと棋士は職業選択として選んだのとは少し違っていた。好きで始めたら強くなって、気がついたらプロになっていた』などとコメント。しかし、裏ではすでにフジテレビから内定を貰っていたというウワサも。将棋ファンからは〝師匠の森下九段を裏切った女〟として、呆れられているといいます」(同ライター)

12日にもインスタを更新した竹俣は、谷間がギリギリ見えそうなニットを着た動画を投稿。こちらには、

《今日はセクシー紅ですね》
《これはアカーン笑 視線はおのずと一点に集中…》
《アングル!! ありがとうございます》

といった声がファンから寄せられていた。

あざとい性格は女子アナ向きと言われる。果たしてフジテレビ入社後は、〝女子アナ戦国時代〟を勝ち抜くために、どんな活躍を見せるのだろうか…。

【画像】

Michal Kowalski / Shutterstock

【あわせて読みたい】