『鬼滅の刃』ファンが神社で迷惑行為!?「ドン引き」「TPO分かって…」

(C)Yuri Shevtsov / Shutterstock 

10月19日の『とくダネ!』(フジテレビ系)で、メガヒットを記録しているアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の特集が放送された。そこで映し出された『鬼滅の刃』ファンの行動に、〝非常識〟だと批判が殺到しているようだ。

問題となっているのは、福岡県太宰府市に存在する宝満宮竈門神社を紹介したシーン。主人公・竈門炭治郎の苗字と同じ名前のため、神社は『鬼滅の刃』ファンにとって〝聖地〟のような扱いとなっているそう。番組では神社に奉納された絵馬が映されたのだが、そこには作中に登場するキャラクターのイラストが多数描かれていた。

さらに神社の境内には、登場キャラクターの不死川実弥や胡蝶しのぶのコスプレをしている中学生たちの姿も。番組スタッフのインタビューに対して、彼女たちは「映画の公開もあるので、それに向けてコスプレで気合を入れようと思って来ました」「アニメへの愛を自分が(キャラクターに)なるという形で、愛を表現できることが楽しくて来ています」と答えていた。