横浜流星“庶民派アピール”で好感度アップ!?「親近感しかわかない」

横浜流星 

(C)まいじつ 

10月20日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)に、イケメン俳優の横浜流星が出演。庶民的すぎる自宅の情報を公開し、親近感を抱く視聴者が続出していた。

今回、スペシャルゲストとして登場した横浜に、MCの劇団ひとりは「ボンビー(貧乏)時代がそもそも無いですよね?」と質問。すると横浜は「今もずっとワンルームに住んでます」と明かし、スタジオからは驚きの声が。すると劇団ひとりは「だだっ広いワンルームとかでしょ?」と追及。たしかに売れっ子俳優の横浜が一般的なワンルームの部屋に住んでいるのは想像しづらいが、彼は「8畳くらいです」と告白した。

横浜の意外過ぎる自宅事情に、視聴者からは、

《ワンルーム8畳に住んでるとか… どこまで好感度上げるんや…》
《流星くんの庶民的な一面が好印象!》
《8畳のワンルームに住んでるって言ってて好感度さらに爆上げ》
《流星くんに親近感しかわかない》
《8畳ワンルームに住み続けてる流星くんが大好き!》
《忙しすぎて引っ越せないのかな? とりあえずかわいい》

といった声が。売れても豪邸に住まない素朴な一面がファンに刺さったようだ。

横浜流星は合理主義なだけ?

一方で横浜の「ワンルームに住んでる」発言には、

《かなり稼いでると思うし、絶対8畳は盛ってるでしょ》
《そういう台本? 流星くんにだったら騙されても悔いはないけど》
《心が汚れてるから『あざとい』って思ってしまった。庶民派アピールいらない》

などの指摘も。半信半疑の人も多いようだが、何故横浜はワンルーム8畳の部屋に住んでいるのだろうか。

「今年も横浜はドラマやバラエティー番組、CMなどに引っ張りだこなので、当然お金が無いということではないと思います。彼は〝無駄なものを買わない〟主義だと言われているので、単純に無駄に広い家は必要ないのでしょう。そんな彼にも〝住みたい家〟の理想像はあるようで、以前『ザテレビジョン』のインタビューでは、『天気のいい日だけ窓から富士山が見えるなんていうのもいいかも』とコメント。しかし、マンションの高層階に住みたいわけではないようで、『低層階の方が、外に出やすいのでいいかな』とも語っていました」(芸能記者)

「ボンビーだから狭い部屋に住んでいる」のではなく、彼にとってワンルーム8畳が合理的な生活空間なのだろう。

【あわせて読みたい】