上原さくらの“最新写真”に騒然!「私の知ってる顔じゃない…」

上原さくら 

(C)まいじつ 

10月21日、タレントの上原さくらがブログを更新し、子育てに関する想いをつづった。しかしネット上では、内容よりも添えられた写真に注目が集まってしまったようだ。

上原は、『娘が生まれてから初めて』というタイトルでブログを更新。この日の上原は、娘にお昼ご飯をあげてから、口腔外科、皮膚科などにいって自分の用事を済ませ、最後に夜ご飯を食べてきたという。半日近く娘と離れたのは初めてだったようだ。

以前、実家の母に娘を預けた際は、母がスマートフォンを持っていないため、娘の状態が心配で何度も電話してしまい、母に怒られたため、《たぶん私の実家にはもう預けないと思います》と明かしている。

上原がここまで娘から離れなかったのは、《子供を置いて友達とお茶やご飯に行く母親は、悪い母親》だと思い込んでしまっていたから。しかし最近は、《時々友達と気分転換に遊びに行ったからって、娘の健やかな成長の妨げになる訳もない。むしろ、友達と他愛もない話しをして思い切り笑って気分転換をした方がいいに決まってる!》と思い直し、夫婦でお互いに月に1回ずつ、夜の12時を門限に、娘の世話の事は相手に任せて、自分の好きなように過ごすというルールを作ったそうだ。

私の知ってる上原さくらじゃない

子育て中の夫婦が参考になりそうなことをつづった上原だが、この投稿には、《今日のワンピースとピアスはH&Mでした せっかくだからもっとぶっ濃くメイクしたらよかった…》というコメント共に、自撮り画像も添えられていた。するとネット上では

《写真は誰?》
《写真の方が気になった》
《私の知ってる上原さくらじゃない》
《最近こういうの多いけど、本当にこんな顔にしてしまったのか、実物は変わってなくて加工のし過ぎでこうなっているのかどっちなんだろう》
《別人? もっとかわいらしい顔だった気が…》

といった動揺の声が続出。すっかり写真が注目の的になってしまっている。たしかに、丸顔のイメージだった上原が、今回の写真では面長のように見えなくもない。

今年3月で43歳を迎えた上原。少し見ないうちに、雰囲気が変わっても不思議ではないだろう。

【あわせて読みたい】