『ニコニコ動画』が今度こそオワコン化!?「改悪に次ぐ改悪」「もう終わりだね」

(C)Luis Molinero / Shutterstock

現代は『YouTube』をはじめとして、数々の動画サイトが覇権をめぐって争う群雄割拠の時代。ネット上では、かつて一世を風靡した『ニコニコ動画』の「オワコン化」を指摘する声が上がっているようだ。

「ニコニコ動画」は、2006年に開設された動画サイト。古くから独自の文化圏が広がっており、米津玄師などの才能を生み出したボーカロイド文化や「歌い手」文化、「ゲーム実況」といったネットコンテンツの発信地としても知られていた。

「同サイトの人気は、全盛期と比べると大きく衰退しているようです。たとえばコアなユーザーが登録する『プレミアム会員』の数は、2016年9月末の256万人をピークとしてひたすら右肩下がりに。今年6月末には161万人にまで落ち込んでおり、どこで底を打つのか分からない状況です。また、昨年7月にドワンゴが運営していた池袋の『ニコニコ本社』と六本木の『ニコファーレ』が営業終了したことも〝時代の終わり〟を感じさせますね」(カルチャー誌ライター)

最近では「ニコニコ動画」をスマートフォンで見るための非公式アプリ『SmilePlayer2』の公開停止が予告され、多くのユーザーを動揺させることに。ユーザーの間では「公式アプリは使い勝手が悪い」という共通見解があるようで、SNSなどでは、