『名探偵コナン』の“地雷すぎる”スノードーム(9800円)に批判殺到!

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

子どもから大人の女性まで、老若男女が熱中する『名探偵コナン』シリーズ。人気に乗じて、さまざまなコラボグッズが発売される中、原作とかけ離れたクオリティーの「スノードーム」が炎上騒動を引き起こしている。

問題の商品は、雑貨通販サイト『SuperGroupies』から発売された『名探偵コナン×SuperGroupies スノードーム』。ガラス球の中に「名探偵コナン」のキャラクターが入っており、スイッチを入れると、ライトが点灯するという仕様だ。キャラは、江戸川コナン・毛利蘭・怪盗キッド・赤井秀一・安室透の5種類が用意されており、どれも9800円(税別)という価格設定。完全受注生産で昨年9月頃に予約が始まり、10月中旬から随時発送されたという。

予約から発送まで約1年の間があったことから、ファンの期待も高まっていた様子。発送前までは、

《楽しみすぎる! まだかな~ライトに照らされた安室さん…絶対かっこいいよ!》
《赤井さんがタバコを咥えているのがツボ! 早く手元に届かないかな》

などと期待の声が寄せられていた。

予想外のクオリティーに怒涛のクレーム

しかし、いざ商品が発送されると、購入者の反応は一転することに。SNS上には商品の画像が数多くアップされているが、いずれもキャラクターの顔は原作とかけ離れており、〝難あり〟と思わされる出来栄えだった。ネット上には、

《1年待った1万円のスノードーム、クオリティーが酷すぎて返品したい…赤井さんは気泡入ってるし、安室さんはお肌荒れてるし…新品なのに表面に擦れキズみたいなのあるし…》
《赤井さんの口元なに? どう見てもタバコに見えません。マシュマロじゃん》
《安室さんのスノードーム並べてみた。やっぱり見本レベルなら許せるけど…眉毛がやばすぎ》
《名探偵コナンのスノードーム、1年待ってこのクオリティーってやばくないですか? これで1万円ですよ…本当に酷い…》
《ちょっとクオリティーがあれなんだけど、こういうもんなの…か…? 検索したら大体こんな感じっぽいけど…期待外れ》
《コナンくんのスノードーム、誰? これでもまだマシな方かも…だんだん面白くなってきたけど、安くないのにこのクオリティーはやはり問い合わせするべき?》

といった怒りの声が続出している。

購入者のクレームを受け、販売元は公式サイトで商品に関する謝罪文を公開。《度重なる納期の遅れに加え、商品の仕上がりや傷などお客様にご納得いただける製品をご用意できず誠に申し訳ございません》と記した上、購入者への返品・返金対応に応じることを発表した。

「『SuperGroupies』のコラボグッズに関しては、以前も同様の問題が起きていたようです。とくに話題を呼んだのは、『刀剣乱舞-ONLINE-』の蜂須賀虎徹というキャラクターをイメージした腕時計。購入者によると、ベルト部分のサイズが大きすぎて、全く手首にフィットしない商品だったよう。この時は返品だけでなく、ベルトの仕様を変更した腕時計との交換も行われていました。ですが、今回の商品は返品のみということで、少なからず不満を抱いている人もいるのではないでしょうか」(カルチャー誌ライター)

問題の背景として、コロナ禍によって製造ラインに混乱が生じていたことは想像に難くない。メーカーの事後対応も誠意を伴ったものだと言えるだろう。とはいえ、期待を裏切られてしまった購入者は、怒りをどこに向ければいいのだろうか…。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】