木村佳乃“病的な痩せ方”が心配…ドラマ『恋する母たち』役作り失敗?

恋する母たち 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

10月23日より、女優の木村佳乃が主演するドラマ『恋する母たち』(TBS系)の放送がスタートした。視聴者からは、木村の風貌に驚きの声が上がっている。

ドラマの原作は、漫画家の柴門ふみ氏による同名の人気作品。主人公・石渡杏(木村)は、旅行代理店で働く夫と1人息子の3人で何不自由ない生活を送っていたが、ある日突然、夫が失踪し生活が一変。その後、息子をシングルマザーとして育て、有名進学高校に入学させるという役どころだ。

第1話では、杏が夫の慎吾(渋川清彦)とラブラブな生活を送っていた時代、そして突然の失踪から11年後の様子が描かれた。また、杏の他にも2人のワケあり妻の様子が…。蒲原まり(仲里依紗)の夫は法律事務所の代表で、キラキラしたセレブ暮らしを送っているが、夫が不倫をしていることに気付いていながらも問い詰めることができずにいる。林優子(吉田羊)は、売れない小説家の夫・シゲオ(矢作兼)と引きこもりの息子・大介(奥平大兼)を養う、職場に居場所を感じているキャリアウーマンだ。

「木村佳乃の痩せ方エグ過ぎて内容が入ってこない」

三者三様それぞれ悩みを抱えているが、まりと優子がお金持ちなのに対して、杏は庶民的なシングルマザー。そのためか、杏を演じる木村の風貌に対して、視聴者からはこんな声が寄せられた。

《役作りだよね? 痩せ過ぎていて心配になる》
《木村佳乃痩せ過ぎじゃない? 顔がゲッソリしてる気が… 髪型のせいかな? 気のせい…?》
《木村佳乃痩せ過ぎじゃないのかな…心配になっちゃうな》
《木村佳乃の痩せ方エグ過ぎて内容が入ってこない この痩せ方は病的》
《ドラマでは痩せコケ過ぎてアレだけど、番宣で出た番組での佳乃はきれい、細いは細いんだけど、何だろ ドラマに合わせてスタイリングやメーク変えてる?》

同作の漫画の大ファンだと公言している木村。敬愛する作品とあって、気合いが入り過ぎたのかもしれない。

【あわせて読みたい】