グラドル・忍野さら“撮影会”卒業宣言! 不満垂れ流しのツイッターに賛否の声

グラビアアイドルの忍野さらが、〝グラドル撮影会〟を卒業すると明かした。

忍野は、10月30日号の『週刊ポスト』のインタビューで、《撮影会を続けて一番嬉しかったのは、本当に私を応援してくれているファンの方々に会えたことです。撮影会を卒業することを伝えた際も皆さん、快く新しい門出を応援してくださいました》とコメント。以前からの夢である女優の道へ進むため、あらたなステップを踏み出したようだ。

彼女の決断に、ファンからは

《撮影会を卒業するのは残念だけど、立派な女優さんになってほしいね。応援しています。頑張って!》
《以前、さらちゃんの撮影会に参加したことある。やめちゃうのは残念だけど、女優として成功してほしい》
《卒業は悲しいけど、今度はドラマや映画で活躍する姿を見たいね。楽しみにしてる》

などと、エールが送られている。

SNSでの発言が物議を醸す忍野さら

「撮影会卒業を発表した忍野ですが、ここ最近はかなり撮影会に嫌気がさしていたようですね。ツイッターでは《「グラビアしてきたんだから男から乳だせ!尻だせ!と言われるのは当たり前だ!そういう職業だろ!」と言ってくる人はIQが2くらいで脳みそはクルトン》、《私はファンの言うことただ従順にきくお利口ちゃんにはなれないしここだけは私の世界だし私のルールに従えないなら離れてもらってかまわないからネ》などとツイート。ファンの間で物議を醸していました」(グラビア誌ライター)

さらに忍野はツイッターへ、《私のことを忍野さらじゃなくおっぱいとして扱ってくる人は私も諭吉として扱うのでよろしく》とツイート。

一部のファンからは、

《何でわざわざ言うの?》
《こんなとこに落書きしないで、胸に秘めとけばいいのに。ダサ》
《でもおっぱいで諭吉を稼いでるんでしょ?》
《なんか現状にもがいている感が…。おっぱいとして扱われないような活躍をすれば、こんな宣言必要無いと思います!!》
《ご自身でも、おっぱいで勝負するしかないと自覚してますよね?by諭吉》

などといった声が寄せられている。しかし一方で、

《そうだそうだぁ! かっこいいぞ!》
《その切り返し上手い!!》
《そう、自分が頑張られる折り合いをつけて負けないようにしないとね。忍野さらの根の奥は強い人だもん、そう信じてます》
《めちゃくちゃキレイだし、めちゃくちゃ尖っててかっこいいし、とにかく最高だ》

などと、忍野を擁護するファンも多い。

忍野は20日に《最近ずっと胸がギュッとしたりドキドキしたりして そんなまさかと思ったけどやっぱり動悸だわこれ》と投稿するなど、グラドル撮影会が負担になっているようなツイートも投稿していた。

女優として活躍する彼女の姿にも期待したいところだが、果たして…。

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】