瑛太&木村カエラが離婚説を払拭?“仲良しアピール”に疑問続々

瑛太 

(C)まいじつ 

今年8月の〝浮気報道〟により、以前から囁かれていた〝離婚説〟がより一層囁かれるようになった永山瑛太・木村カエラ夫妻。10月24日には夫婦円満を感じさせる2ショットを公開したが、これも不仲説を打ち消す仲良しアピールだと見られている。

瑛太の不貞疑惑を報じたのは『文春オンライン』だった。彼は都内のバーで、女性を連れていた俳優・吉田鋼太郎に遭遇。すると吉田の帰宅後、女性のマンションへついて行き、一夜を共にしたと報じられた。

「女性側は不倫関係を否定していますが、瑛太がその日出会った女性、しかも先輩俳優の連れに手を出した疑惑が浮上。瑛太のこうした行為は今に始まったことではなく、彼は酔った末の暴行といった酒乱事件を何度も起こしています。それでも未だに酒がやめられず、40歳手前の今も飲酒トラブルが耐えないことから、業界では元『TOKIO』山口達也メンバー並のアルコール依存疑惑もあるほどです」(週刊誌記者)

それから2カ月ほどが経った日に、木村が〝おしどりインスタ〟を公開。しかし、上記の経緯もあることから、ネット上の反応は冷ややか。

《仲良しアピールする夫婦は危険》
《浮気されてたから必死のアピールに見えるw》
《自撮りあげて仲良しアピール》
《おたくの旦那さん、よその女の子とセックスしてたよ》

など、腹の底をさぐるものばかりだ。

やはり原因は瑛太の素行か…

実際、2人の夫婦仲はどうなっているのか。瑛太・カエラ共に全盛期は過ぎ、〝終わった俳優&懐かし歌手〟という、共働きでないと家庭を支えるには難しい状況のように思えるが…。

「事件を起こしながらもやめられない酒、それに伴う仕事の減少と俳優の世代交代により、瑛太は全盛期だった10年前と比べ、収入が10分の1ほどに落ち込んでいると言われています。最近の代表作と言ったら、ドラマでも映画でもなく数秒のCMという悲惨さ。そのくせ素行不良はなおらないのですから、カエラからすれば二重三重に足手まといな旦那なんですよ」(芸能プロ関係者)

そして、素行を改めない瑛太に、カエラの方が痺れを切らしているらしい。

「素行不良と仕事減のダブルパンチで、カエラの心が瑛太から離れているのは明白。もはや2人をつないでいるのは子どもだけで、何かあったらすぐに別れる段階まで来ているとか。しかしカエラは、離婚すると楽曲『Butterfly』がいわくつきの歌になってしまうというリスクがある。同曲は結婚式の定番で、黙っていても印税が入りますが、離婚すれば一気に縁起の悪い歌となり、貴重な収入源を絶たれますからね。働かない酒乱夫はいつ切っても困りませんが、シンママになるなら、食い扶持の確保は必要。この辺りのシビアな要素も離婚に踏み切れない要因なのでしょう」(芸能ライター)

年始放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、『今年起こりそうな芸能ニュース』として、「夫のプライベートの素行が良くない」「妻の代表曲は結婚式の定番ソング」という夫婦が離婚間近だと言われていた。果たして夫婦の今後はどうなってしまうのだろうか…。

【あわせて読みたい】