元『ZIP!』レポーター・團遥香“ピチピチウェア姿”公開「コレ大丈夫なの?」

朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の元レポーターで、女優の團遥香が10月24日、自身のYouTubeチャンネルを更新。ピチピチのトレーニングウェア姿で、パーソナルトレーニングする様子を公開した。

團は『ZIP!』の卒業祝いとして、女優の川島海荷と桝太一アナウンサーからトレーニングウェアを贈られたと明かし、「すごいパツパツで大丈夫かこれ?」と不安そうな様子を見せた。

「團が不安そうな顔を見せたのも当然でしょう。トレーニングウェアは超薄手の素材で、團の身体にピタリと密着。下半身は小さなビキニタイプのインナーショーツがバッチリと透けていて、超エロエロだったのです。ウェアが薄紫色だったことから、團は『細いナスみたいじゃない?』と自虐的でしたが、スレンダーで抜群のスタイルに、視聴者からは感嘆の声が上がりました」(芸能記者)

彼女が公開した動画に、ネット上からは

《ピッチピチじゃん! これ大丈夫なの?》
《ダメだ、エロい以外の言葉で出てこない》
《たまんねえなチクショウ》
《神様ありがとうございます》
《團遥香が好きでたまらない。もっとむっちりしてくれ》

など、歓喜の声が上がっている。

團遥香は超お嬢様だった!

團は『ZIP!』のレポーターを7年務め、この春に卒業。番組視聴者にとってはおなじみだが、世間的な知名度はまだまだといってもいいだろう。最近では水着グラビアにも積極的にチャレンジ。スレンダーな美ボディーを披露し、男性ファンが急増している。

「美ボディーばかりに注目が集まっていますが、團は聖心女子大卒業の超お嬢様ということでも知られています。あの三井財閥総師・團琢磨の玄孫で、祖父は童謡『ぞうさん』や『ラジオ体操第2』の作曲でも知られる日本を代表する音楽家・團伊玖磨。幼少期に音楽室の壁にバッハやモーツァルト、ベートーベンと並んで祖父の写真が飾ってあり、『恥ずかしかった』と振り返っていますね。抜群のスタイルを活かして、モデルとしても活躍していますが、今後はグラビアにも多数登場予定だと言います。大いに期待したいですね」(芸能記者)

せっかくもらったトレーニングウェアは、使わないともったいない。是非、トレーニングの風景映像をシリーズ化してほしいものだ。

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】