『ONE PIECE』最新話にパクリ疑惑!?「鬼滅で見たわ」「既視感だよ!」

(C)Dean Drobot / Shutterstock

『ONE PIECE』といえば、日本国民なら知らない人がいないほどの大ヒットマンガ。現在でも『週刊少年ジャンプ』の看板作品として人気を集めているが、ここにきて『鬼滅の刃』の〝パクリ〟を指摘される事態となっているようだ。

物議を醸しているのは、10月26日発売の「ジャンプ」に掲載された「第993話〝ワノ国の夢〟」。現在、作中では江戸時代をモチーフとした世界観が描かれており、一部からは和風ファンタジーである「鬼滅の刃」に重なる部分があると指摘されていた。そんな中、最新エピソードでは、さらに「鬼滅の刃」を連想させる要素が登場することに。

まず1つ目は、カイドウ率いる百獣海賊団のメンバー「疫災のクイーン」が披露した攻撃だ。クイーンが用いる「疫災弾 氷鬼」は、着弾すると鬼に変化してしまう恐ろしい武器。 奇しくも「鬼滅の刃」の敵と同じ〝鬼〟であることに加え、作中のボス・鬼舞辻無惨が持っている「鬼を増やす」という能力とも共通している。