『バイキング』伊藤健太郎のひき逃げに“逮捕歴アリ”坂上忍の胸中は…

坂上忍 

(C)まいじつ 

10月29日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、俳優・伊藤健太郎が起こしたひき逃げ事故が取り上げられた。ネット上では、飲酒運転による逮捕歴をもつMC・坂上忍の発言に大きな注目が集まったようだ。

「10月28日の夕方頃、伊藤容疑者は東京都・千駄ヶ谷の交差点を車でUターンする際に、対向車線から来たバイクと衝突。乗っていた男女2人に重軽傷を負わせました。しかも伊藤容疑者は、怪我人を救護せずに車で現場から離れてしまいます。その後、事故現場を目撃した男性に諭され現場に戻ったようですが、ひき逃げや過失運転致傷の疑いで逮捕されました」(全国誌記者)

警視庁の調べに対して、彼は容疑を認めているとのこと。「バイクの運転手と同乗の女性にケガをさせたことに間違いありません」「ぶつかった後に現場から離れてしまったことは間違いありません」と供述しているという。

突如飛び込んできたこのニュースに対して、番組内で坂上は「ちょっとスタジオ入りして聞いたんで…」と動揺した表情でコメント。タレントの薬丸裕英が「なんで立ち去っちゃったんだろうって思いますね…」と疑問を口にすると、「あの…パニックになったのかもしれないんですけれども」と無表情で返していた。

もう許された? 坂上の“黒歴史”に擁護の声

坂上は今から25年前にあたる1995年、パーティーから帰宅する際に飲酒運転を行ない、電柱に激突する事故を起こしている。その際、泥酔していた坂上は一度車から降りたものの、大破した車に再び乗りこんで逃走。駐車してあった車にぶつかるも構わず逃走を続け、現行犯逮捕されている。

そんな坂上がこの件に触れたことに対して、ネット上では、

《自分もひき逃げした側の人間だもんね、ニュース語らないでほしい》
《25年前のあなたと同じ。今どの目線で話してるの?》

といった批判的な声が。しかし、「罪は償った」と考えている人も多いようで、

《坂上忍がひき逃げ事件を起こしたのって25年前なのに、まだ言われ続けるのか…》
《坂上さんの事故の話は償ってるし、さすがに掘り返すのはもういいだろ》
《たしかに25年前に事故を起こしたけど、一切運転を辞めるなど責任をとってるじゃん。多くの人からの信頼を得ている人物、いまさら叩かれる理由はないはず》
《25年も前の過ちをまだ言う? 人を殺めたわけでもないのに…彼はもう責められるべき存在じゃない》

など、擁護する意見も寄せられていた。

「坂上ばかりに注目が集まっていますが、実は番組の進行を務めるフジテレビの伊藤利尋アナも2012年に港区の路上で事故を起こしています。事故の内容は、伊藤アナが運転していた車のミラーが30代女性の肩に接触したというもの。伊藤アナに接触した認識はなく、そのまま立ち去ったそうですが、女性は被害届を提出していました」(同・記者)

坂上も伊藤アナも当時の事故については深く反省しているはず。真摯な活動を続けてきたからこそ、現在の地位があるのかもしれない。

【あわせて読みたい】