『嵐』フェス騒動の“対応”に呆れ…「上から目線」「漁師にもお詫びの色紙を!」

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

『嵐』の無観客ライブ『アラフェス 2020 at 国立競技場』の収録が10月24日、東京・国立競技場で行われた。しかし、風船や花火の煙により、隣接する神宮球技場での野球の試合が一時中断するアクシデントが発生し、世間を賑わせている。

同日夜、ジャニーズ事務所は公式サイトで《本日、国立競技場にて行っておりました、嵐フェス2020の収録にあたり、風船及び花火による演出の煙により、隣接する神宮球場にて試合中の『ヤクルト対中日』戦を2度ほど意図せず中断させてしまう事となりました》と説明。《神宮球場、両球団選手及び関係者、視聴者の皆さまには、ご迷惑をお掛け致しました事を、深くお詫び申し上げます》と謝罪した。

事務所が謝罪したことに安心したのか、メンバー自身は沈黙を貫いたまま。ヤクルトと中日の両球団には、翌日にメンバーからの謝罪文面と大量の洋菓子、そして‶直筆サイン色紙〟が届いたというが、