母親がいない子どもは不幸!? 立川志らくの発言が物議「最低だわ」

立川志らく 

(C)まいじつ 

フリーアナウンサーの小林麻耶が10月29日、『グッとラック!』(TBS系)に出演。「不妊治療」をめぐる問題で、MCの立川志らくと見識の違いを見せたことが話題になっている。

今回番組では、乳がん治療を中断し、不妊治療に取り組んでいるお笑い芸人のだいたひかるのインタビューを放送した。だいたの状況は、乳がんの治療のためには女性ホルモン減らさなければならないものの、妊娠しやすい身体を作るためには、女性ホルモンを増やさなければならないという、まさに〝自分の命か赤ちゃんの命か〟を選ばなくてはいけない過酷なもの。

それでもだいたは「ずっと支え続けてくれた夫、純粋に好きな人の子どもを産みたい」として、がん再発というリスクのあるなかで不妊治療に励んでいることを切に語った。

スタジオでは、このVTRに涙をためる出演者が続出。コメントを求められた志らくは、「非常に難しい問題」「人生に正解なんてものはない」とだいたの意思を尊重しつつ、自身の妻との話し合いのなかで、「母親がいないと子どもにとっては不幸なことじゃないですか、母親の責任放棄して良いのかという話になった」とコメントした。

するとこれに対し、妹の麻央さんを乳がんで亡くしている麻耶が「母親がいない人もたくさんいるし、母親に虐待を受けている人もいますし、母親がいない人が不幸っていう言い方は、個人的には嫌いです」と訴え、「母親がいなくても不幸だと思って欲しくないし、その分、周りの人が愛情を注げば良いと思うし、母親だけの愛情じゃない」と反論するのだった。

立川志らくと小林麻耶のどちらにも納得できる…

「麻央さんが残した2人の甥姪を自分の子どものようにかわいがっている麻耶だからこそ、志らくに強く反論したのです。この指摘に、志らく本人も言葉足らずだったと反省したのか、『本当に周りの愛情があれば、それは不幸ではなく幸せになれる』『でも私はやっぱり母親がいてくれたらいいな、純粋に今、子どもいた時は母親がいなくなったらどうするんだろうという気持ちで出た言葉』と説明し、最終的には麻耶の意見に賛同していました」(テレビ誌ライター)

一連のやりとりに対し、視聴者からは

《なぜ麻央さんの死を知ってて「母親がいないのはかわいそう」って言えるの…? しかもお姉さんに向かって》
《これを麻耶さんの前で言うのは最低だわ》
《志らくも言葉の選択ミスみたいな部分もあっただろうけど、これは間違えちゃいけない発言だわ》

などと厳しい声があがる一方で、

《志らくさんも言葉を反省したと思うし、全部聞けば間違ったことを言ってないのも確か。ためになるよいコメンテーターの会話だった。つまんで取り上げて欲しくない》
《志らくさんは言葉選びが悪かっただけで悪意は無く、母親の大切さを伝えたかったんだろうね。ただ、伝え方が良くなかったな》
《どちらの意見も納得できるからどちらも批判されないことを願いたい》

などと、冷静に向き合う声もあがっている。

異なる価値観を持っている者同士のやりとりに、改めて考えさせられる視聴者も多くいたのではないだろうか。

【あわせて読みたい】