ハンドボール・宮崎大輔“逮捕”に納得の声!?「これまでの言動を見ると…」

宮崎大輔 

(C)まいじつ 

ハンドボール元日本代表の宮崎大輔選手が11月2日未明、愛知・名古屋市内で、知人女性の髪を引っ張るなどした暴行の疑いで逮捕された。

捜査関係者によると宮崎は、男女4人で飲酒した後、名古屋市内のホテルで知人女性の髪の毛を引っ張るなどした暴行の疑いが持たれている。事件当時、酒に酔っていたそうで、女性1人とケンカになったようだ。女性は宮崎の交際相手と見られている。

宮崎は、ハンドボール日本代表として活躍。ハンドボール界のレジェンドといわれ、2019年に日本体育大学に再入学している。今年8月には妻がいながら、元新体操選手の深瀬菜月と同棲していることを写真週刊誌に報じられ、大きな話題になったばかりだ。

「宮崎には、2005年に結婚した3歳年上の奥さんと2女がいます。妻のことを〝幸運の女神〟と呼び、メディアでも愛妻家ぶりを公言していましたが、その後、夫婦関係が悪化し別居しました。別居期間は5年以上にも渡るといい、事実上、破綻しているといっていいでしょうね。金銭面で折り合いがつかず、離婚調停中でしたが、以前から酒癖が悪いというウワサもあり、もしかしたら奥さんにも暴行を加えていた可能性も否定できません。本人は容疑を否認しているようですが…」(スポーツ紙記者)

本人は容疑を否認も逮捕には納得の声が!?

今回の事件に、ネット上では

《つい先日、奥様以外の女性と同棲中であるとの報道があったばかり。たしか新体操の元オリンピック選手だとか…。こんな事ばかりあると世間から信用して貰えなくなりそう》
《どんどん好感度が落ちていくな…。自分はハンドボールやってたから、競技がここまでメジャーになってくれて嬉しかったのに》
《お酒の量飲みすぎたのか、元々暴力を振るう人だったのか…。そこはわかりませんが、男性は暴力振るう事でしか女性に勝てないと思ってるが、暴力振るう時点で負けてると思う》
《酔っていたからといって、公の場で女性の髪を引っ張るなんてあり得ない、本性が出たんでしょうね》
《これは残念ですね。最近は話題になっていなかったですが、ハンドボール界では間違いなくレジェンド的な人物でした。しかし、これまでの言動を見ると今回の逮捕の件もどこか納得してしまいます》

などといった声が寄せられている。

宮崎は日本代表の切符を獲得するため、試合出場機会を求めて昨年4月に母校・日本体育大学に再入学しているが、来年には40歳を迎える。体力の衰えに加えて、不倫に暴行事件を起こしたとあっては、メンタル部分にも不安が残る。

男女4人で酒を飲みながらコロナ禍の憂さを晴らしていたのかもしれないが、現役アスリートが女性相手に手を出したとあっては、ファンも素直に応援する気にならないだろう。

【あわせて読みたい】