『ロンハー』危険すぎるドッキリに批判続出「失明する」「論外だ」

(C)Guryanov Andrey / Shutterstock 

11月3日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、男性お笑い芸人に仕掛けたドッキリが物議を醸している。

この日はドッキリに引っかかった芸人が、どのようなリアクションを示すか予想するクイズを展開。最初にVTRに登場したのは『ティモンディ』の高岸宏行だった。最初のドッキリでは頭上で巨大な水風船が割れ、大量の水を浴びたが「ものすごく涼しい! ナイスウォーター!」などと逆に喜んだ。

次のドッキリは、高岸がカレーうどんの匂いをかいでいる際に、カレーうどんが爆発するというもの。過去に同様のドッキリを受けた『千鳥』のノブは「(目が)死んだ!」と驚いていた。

『ティモンディ』高岸宏行の顔にカレー直撃

カレーうどんのスープが爆発すると、顔に直撃して高岸は目を開けられなくなる。「目の奥(にカレーが)いった! なんだ?」と混乱する様子に、VTRを眺めていた藤田ニコルは「きついな、これ…」、有吉弘行も「強過ぎる…」などと困惑。

ポジティブな発言を繰り返す芸人として知られる高岸は、種明かししようと現れたスタッフを「おはようございます! 今は目を開けられませんが、すごいパワーのものを開発しましたね! お見事!」と称賛していた。

さらに「カレーがいまここにいますよ!」と笑顔で後頭部をさし、「押し込みが(ソフトバンクの)柳田(悠岐)選手と同じ。場外ホームラン!」と独特の表現で爆発具合を形容。「(ドッキリを)いつでも僕はお待ちしてますよ。みなさんの努力の結晶、また見せてください!」と喜んだ。

高岸自身はドッキリを歓迎したが、カレーが目に直撃する展開に視聴者はハラハラ。失明の危険すらあったのではと番組を批判している。

《失明するぞ ふざけんな バラエティーって芸人を殺す番組か?》
《面白いより、目が痛そうって心配のが勝つからちょっと引く》
《ロンハーのカレーうどん爆破ドッキリ危ないしおもんな、失明でもしたらどうすんのよ》
《カレーが爆発するドッキリ、流石に危なすぎん? ドッキリは面白いけど、危なすぎるのは不快やなぁ…》
《カレーうどん爆発は、間近で目に直撃しててほんと危険。やり過ぎ。芸人さんの頑張りに製作側はつけ込みすぎ》
《高岸君は超ポジティブ芸人で、ああ言ってるけどカレーうどん爆発は論外だね 炎上してしまえ》
《一つ間違えば、目に著しい損傷を受けます。よくこんな企画を通したもんだ》

さすがにカレーを顔にかけるのはまずかったかもしれない。

【画像】

Guryanov Andrey / Shutterstock

【あわせて読みたい】