有村架純『姉ちゃんの恋人』視聴率の急落で“爆死女優”に返り咲き!?

有村架純

(C)まいじつ

女優・有村架純が主演のドラマ『姉ちゃんの恋人』(フジテレビ系)の第2話が、11月3日に放送。世帯平均視聴率は6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。

同ドラマは、NHKの連続テレビ小説『ひよっこ』の岡田惠和氏によるオリジナル脚本。有村は両親を事故で亡くし、一家の大黒柱として3人の弟を育てる〝肝っ玉姉ちゃん〟桃子を演じている。

初回視聴率は9.2%だったが、今回の第2話は3ポイントダウン。早くも急落したことで、関係者が青ざめているという。

「初回放送では、林遣都や藤木直人、『King & Prince』高橋海人など人気のイケメンが出演するとあって、まずまずの数字を記録しました。しかし、一方で有村の下膨れた顔や、藤木の激ヤセぶりが気になるという声も上がっています。また、ドラマの設定がコロナ禍にも関わらず、誰もマスクをしていないことや、映像が〝美肌加工〟されているため、出演者の肌がみなツヤツヤしていることに違和感を覚える人も出ています。ドラマ自体は決してつまらないわけではないのですが、さまざまな要因が重なって、一気に視聴者離れが起きたようです。このままでは5%を下回る可能性も高そうですね」(エンタメ誌記者)

『ひよっこ』のような演出は脚本家が同じだから?

ネット上では、

《このドラマを見て一番問題なのは、弟3人が魅力的に見えない点だと思う。タイトルが姉ちゃんの恋人なのだから、姉ちゃんと呼ぶ弟たちに魅力がなければいけないのに》
《あんな爽やか系な弟が3人。現実離れしてて、内容がしっくりこなかった》
《1話から3%も下がったと言うことは余程1話が面白くなかったと判断されたという事か》
《ひよっこのグダグダしたパートを思い出す。連ドラの長丁場となるときつい》
《雰囲気とか会話内容とか全体的に朝ドラひよっこの劣化二番煎じに感じる》

などと、厳しい意見が寄せられている。

「最近の視聴者はかなり目が肥えていて、リアリティのある脚本か、『半沢直樹』(TBS系)くらい吹っ切れたドラマじゃないと、食指が動かないと言われています。ドラマスタッフが、笑顔のカワイイ女優とイケメンをブッキングすれば話題になるだろうと考えていたとしたら、あまりにも早計なのではないでしょうか。そもそも有村は〝爆死女優〟の代表格。『ひよっこ』はヒットしましたが、『中学聖日記』(TBS系)や『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)は大コケしているのです」(同・ライター)

同枠放送のドラマは、福士蒼汰の『DIVER-特殊潜入班-』、玉木宏の『竜の道 二つの顔の復讐者』、向井理の『10の秘密』など、コケ続けている。有村は二の舞になってしまうのか。今後の展開に注目したい。

【あわせて読みたい】