吉川ひなの“ヴィーガン宣言” に賛否「意識高くて素敵」「わざわざ公表…」

吉川ひなの 

(C)まいじつ 

モデルの吉川ひなのが11月2日、自身のインスタグラムを更新。肉食をやめると明かし、賛否の意見が飛び交っている。

吉川は、環境問題に対する個人的な取り組みの一環として、自身が3年前に立ち上げたブランド『Love the Earth』を『Love the Earth blue』に変更したと報告。そして《環境問題のことは調べれば調べるほどその深刻さを知り、地球のためにも子どもたちの未来のためにも自分にできることをもっとしていきたいと日々勉強しています。個人的な取り組みとしては、わたしはお肉を食べることをやめました》と宣言した。

この投稿に対し、フォロワーからは

《ひなのちゃん、いつも意識が高くて本当に素晴らしいです。私もお肉食べないようにしようかな》
《わたしはヴィーガンなのですが、ひなのちゃんみたいな素敵な人がこういう発信してくださると素敵な影響になると思います》
《最近ローラちゃんもお肉をやめたと言ってましたね。是非オススメのヴィーガン料理を紹介して頂けると嬉しいです》
《私も同じ思いで菜食になりましたよ。応援しています!》
《ひなのさんの行動力、素晴らしいです! ウール産業の残虐的な採取方法なども是非世の中に広めて欲しいです》

などと、賛同の声が寄せられている。

“意識高い系”をバカにする風潮…

一方で、

《最近こんな人増えてるけど、わざわざ公表しなくても良いのにって思う。アメリカのセレブは聞かれたら答えるけど、わざわざ「今日から私は…!」って人は少ない気がします》
《う~ん、なんかこう言う考えの方はイタイと思ってしまうわ》
《個人的な信条でそうするのは本人の自由だけど、わざわざ公言する必要あるのかな?》
《ファッションヴィーガンだろ》
《で、出たぁ~! スローライフオーガニック女~》

などの批判や揶揄する声もあがっている。

吉川は3日にインスタグラムで、肉食と環境問題との関係について、《動物たちに対して、ここまで支配と搾取を続けていたのかと思うと、本当に悲しくなりました》と心情を吐露。《できることをそれぞれがする、思いやりを持って信頼し合って尊重しながら、今起きてしまっている様々な問題に取り組み生きていけたらいいなと思っています》と今後の抱負を述べている。

吉川の決心が本物なら大したものだが、宣言をしたからには本気で取り組んでほしいものだ。

【あわせて読みたい】