いとうあさこ“45歳独身役”に「根っからの奥の闇をいっぱい出した感じ」

いとうあさこ 

(C)まいじつ 

11月2日、『第33回東京国際映画祭』の「東京プレミア2020」に選出された『鈴木さん』の舞台あいさつが行われた。『鈴木さん』は、少子化対策のため未婚者徴兵制が敷かれた世界を舞台にした、ダークSFファンタジーだ。

この日、初主演で45歳の未婚女性役を務める、お笑いタレント・いとうあさこが登場。いとうは、自身の役について聞かれると「根っから持っている奥の闇をいっぱい出した感じなので、(作中で)あまり笑っていませんけれど…(笑)」とし、映画の見どころについては「ラブホテルの廃墟が舞台。夜中に気球がふんわり浮く映像しか見えないホテルで、実際にそこで寝泊まりしていました」「SFだけど、昭和の時代から精神的な面で今に近いものがあったので、それぞれ感じてもらえればと思います」とコメントした。

続いて、同映画祭「オープニング作品」に選出された『アンダードッグ』(11月27日公開予定)の舞台あいさつも開催。『アンダードッグ』は、崖っぷちプロボクサー役を演じる俳優・森山未来が主演を張り、スターダムに駆け上がっていく選手の陰で〝咬ませ犬〟として踏み台にされる3人の男たちのドラマを前編・後編にわたって描いた映画である。

森山は、ボクシングシーンについて聞かれると「実際にリング上に登ってお客さんの声援とアドレナリンを感じながら、(勝地涼演じる)宮木をボコるという振り付けがあったんです。勝地とは長い付き合いなので、コミュニケーションを取りながらやりました」と振り返る。

一方、勝地は森山との試合シーンについて「未来君は信頼を込めてガッツリ殴ってくれるので、小さい声で『痛い、痛い』って伝えていました(笑)。僕らも興奮しながら取り組んでいたので、活気にあふれています」と語り、会場を和ませた。

中条あやみが伝えるスクリーンならではの“臨場感”

また、11月4日には、同映画祭「特別招待作品」である『水上のフライト』(11月13日公開予定)が上映。走高跳びで有望スポーツ選手として活躍するも、不慮の事故に遭ってしまう失意のヒロイン・遥が、パラカヌーに出会い、心を閉ざす彼女の新たな夢となるよう、周囲の人々が支えていく奇跡の感動ヒューマンドラマだ。

舞台あいさつには、モデルの中条あやみをはじめとしたキャストが登壇。本作への思いを聞かれると、中条は「レジャーカヌーから競技用カヌーに乗るのに1カ月以上かかるといわれたのですが、臨場感がスクリーンに映ればと思いましたし、早く乗りこなしたかったのもあって、早く、早くと練習したので、全部自分でできて良かったです」と喜びの表情を見せた。

そして、役中で経験した〝挫折の乗り越え方〟に対しては「日記に書くようにしています。そうすると、後から読み返したときに『(その経験で)今の自分があるんだ』と思えます。ちっちゃい悩みだと…強くなるための経験だったと思うようにしています」と、自身の取り組みを述べた。

『第33回東京国際映画祭』はコロナ禍の感染対策を取りながら、11月9日まで連日開催される。世界の優れたコンテンツが集結し、私たちに笑顔を届けてくれることだろう。

【あわせて読みたい】