『鬼滅の刃』“実写化計画”に案の定ブーイング!「ブームがサラッと終了しそう」

(C)Ioannis Pantzi / Shutterstock

10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の歴史的大ヒットを受け、水面下で早くも〝実写化〟のプロジェクトが進行しているという。

11月2日発売の『週刊女性』では、映画配給会社関係者の話を掲載。実写版『鬼滅の刃』の配給はアニメと同じ東宝、主人公の炭治郎役は山崎賢人か神木隆之介、禰豆子役は橋本環奈で進められているという。果たしてどこまで決定しているのだろうか。

「記事によると他に、無惨役はGACKT、善逸役は『King & Prince』の平野紫耀、伊之助役は吉沢亮、胡蝶しのぶ役は石原さとみなどが候補に挙がっているようです。もっとも、これらのキャスティングは、あくまでも製作者が理想としたもの。実際には、それぞれの俳優のスケジュールやスポンサー関連の諸問題をクリアしないと実現しません。フタを開けてみれば、まったく違う顔が登場する可能性もあります」(映画ライター)