立川志らく『M-1』審査員選出に批判の声「またトンチンカンな発言が…」

立川志らく 

(C)まいじつ 

〝漫才日本一〟を決める『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)の審査員が決定し、『ダウンタウン』松本人志や『オール阪神・巨人』オール巨人、上沼恵美子ら3年連続変わらぬ7人が選ばれたことが分かった。

今年の「M-1」は12月20日に生放送され、昨年に引き続き、今田耕司と女優の上戸彩がMCを務める。今田は2003年大会から14大会連続、上戸は08年大会より9大会連続の選任だ。

「今年の審査員は、松本、オール巨人、上沼、立川志らく、『中川家』中川礼二、『ナイツ』塙宣之、『サンドウィッチマン』富澤たけしの7人と、18年から3大会連続で同じメンツとなりました。巨人は昨年の『M-1』で卒業を示唆していましたが、上沼とともに続投となり、お笑いファンの間で安堵の声が広がっています。また、書籍『言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか』を出版し、漫才を徹底解剖した鋭い分析能力が持ち味の塙にも期待が掛かっています。個性あふれる面々がどんなジャッジをするのか、今から楽しみですね」(お笑いライター)

立川志らくのコメントがしゃくに障る?

そんななか、お笑いファンの間で「どうしても解せない」という声が殺到しているのが、志らくだ。ネット上では

《ワイドショーのイメージしかないし、あの人の凄さがわからない…》
《この人、やたらテレビ番組に出演してるけど、一度も感心したことがない》
《毎回トンチンカンな感想言ってるし、シンプルになんで落語家が漫才の採点?ってなる》
《落語家を招くなら、志らくじゃなくて他にもいっぱいいるだろうに》
《M1審査員変わらず、か。志らくだけはいらんと思うんだがなぁ…》

などと、ため息の声が漏れている。

「志らくの人選に関しては、局内でも賛否の声があったといいます。しかしながら、落語家独特の視点でジャッジする多様性もあったほうがいいと、続投になったようです。もっとも、志らくの視聴者ウケはお世辞にもいいとはいえません。あまりにも的外れなコメントが連発されるようであれば、今年が見納めとなる可能性もありますね」(同・ライター)

しかしながら、これらの声は志らくの耳に届いているようだ。6日放送の『グッとラック!』(TBS系)では、番組冒頭で『M-1』についてトーク。志らくは「若い子の人生を左右する。すごく責任感があるし、なにか言うとものすごく炎上するし。いま、選ばれただけで『なんで志らくは入ってるんだ?』って最初から文句が。あんまりいいことない」とコメントしていた。

漫才の頂点を決める大会だけに、審査員にも相当なプレッシャーがあるだろう。視聴者が納得するような的確なジャッジを期待したい。

【あわせて読みたい】