『鬼滅の刃マンチョコ』高額転売もファン静観…“転売ヤー”がただの良客に!?

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

今や、日本では知らない人がいないほどの国民的人気コンテンツ『鬼滅の刃』。10月16日に公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は絶大な人気を誇り、その勢いはとどまることを知らない。しかし、爆発的なブームの一方で、『鬼滅の刃』グッズの転売も問題になっているようだ。

今回、転売のターゲットになってしまったのは、11月3日からコンビニエンスストア・駅売店などで先行販売されている『鬼滅の刃マンチョコ』。誰もが子どもの頃に慣れ親しんだ『ビックリマンチョコ』とのコラボレーション商品で、価格は100円(税抜)となっている。

「鬼滅の刃マンチョコ」はフリマアプリなどで、基本的に1箱5000円以上の値段がつけられている様子。中には複数の箱をセット売りにして、数十万の値をつけた商品も。1箱30個入りだと考えると、法外な値段設定だと言えるだろう。