『Mステ』AAA・宇野実彩子の生歌が「下手すぎる!」と話題に…

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

11月6日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、男女6人組音楽グループ『AAA』の宇野実彩子が登場。生歌の歌唱力をめぐって、ネット上では不評の声が相次いでいる。

この日、宇野が披露したのは、爆発的なヒットを記録しているシンガーソングライター・瑛人の『香水』。宇野は自身のYouTubeチャンネルにて、さまざまな曲をカバーする「歌ってみた」企画を行っており、「香水」は企画内で最初にアップされたカバー曲だった。

楽曲が始まる前、ナレーションでは「吐息交じりの大人な雰囲気で歌う香水」と紹介。宇野は椅子に座りながら、アコースティックギターとピアノのシンプルな伴奏と共に「香水」を歌い上げていく。

しかし、生歌の緊張感のせいか宇野の歌声は安定せず、高音が若干かすれてしまう場面も。そのため、一部の視聴者からは、

《宇野ちゃん、こんなに歌下手だったっけ? めっちゃ下手くそだった》
《下手すぎんか? 見ててかなり違和感あった。よくテレビで披露したね…》
《香水のカバー、下手すぎて起き上がって見ちゃった。宇野実彩子さんのソロカバーだったのね…》
《歌が下手すぎてチャンネル変えたわ》
《Mステで香水歌ってたの誰? 下手すぎて車内がシーンとなった》

などの声が続出していた。

「歌唱力の高さ」に定評があったはずが…

その一方で、宇野に好意的なファンの間でも疑問が呈されている様子。今回のカバーに対しては、

《Mステ見たけど、シンプルに今日のは下手だった。本当はあんな歌唱力じゃないよ、彼女は》
《宇野ちゃん声震えてたよね。やっぱ緊張してたのかな。本当はめっちゃ歌上手いのに、今日のMステ見た人から下手って思われちゃいそう》
《ファンだけど擁護はできないな~、香水は正直下手だったよ。客観的に見て…》

などと手厳しい意見が上がっていた。

「宇野がカバーした『香水』は若干アレンジが施されており、サビに入るまでのパートが原曲より1オクターブ高くなっています。安定した歌声を保ちにくい生歌には、ふさわしくない選曲だったかもしれませんね。とはいえ、今回の番組に不満があった人も、YouTubeチャンネルにアップされているカバー動画を見れば意見が変わるはずです。動画では宇野のパフォーマンスが最大限発揮されており、投稿から約4カ月で500万再生を突破するほどの人気を集めています」(音楽誌ライター)

ミニアルバムの発売やライブツアーが控えており、ますますソロアーティストとしての活躍に注目が集まる宇野。今回の〝逆風〟をバネにして、より一層の飛躍を遂げてくれることを期待したい。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】