『鬼滅の刃』は流行るべくして流行った!? ブームを予言していた漫画家たち

(C)Dean Drobot / Shutterstock

ヒット作を生み出してきた人気漫画家は、やはり漫画界の流行に敏感な模様。現在『鬼滅の刃』が社会現象を巻き起こしているが、だいぶ前から同作を推していた漫画家は少なくない。

まずは『シグルイ』や『覚悟のススメ』でお馴染みの漫画家・山口貴由。同氏は2018年のインタビューで「最近読んでいる漫画」を聞かれ、『鬼滅の刃』をあげていた。また、インタビューの中で山口は、『鬼滅の刃』について「1コマ1コマに血が通っているのがいい」と評価。『鬼滅の刃』の単行本で数えると10巻が出たあたりの時期だが、この頃から同作の魅力を見抜いていたようだ。

2018年といえば、『メイドインアビス』のつくしあきひとも、自身のツイッターで絶賛。彼自身も圧倒的な画力と骨太なストーリーで多くの漫画ファンを魅了してきた作家だが、《昨日、鬼滅おもしろすぎて新幹線降り過ごすとこだった(れんごくさんとこ)》とツイートしていた。