『月曜から夜ふかし』一般人ブチギレ! 失礼インタビューに非難「怒って当然」

(C)Dean Drobot / Shutterstock 

11月16日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)をめぐり、視聴者から「取材相手に対して失礼」との批判が相次いでいる。

「近所で恥ずかしい名前のお店を見つけました。なぜあの名前にしたのか聞いてください」との視聴者投稿をもとに、スタッフはロケを敢行。店を訪れると、看板に「セ・フレ」 の名があった。

スタッフは店主と思われる男性に、店名を改めて確認し「お名前が投稿者いわく、恥ずかしい、言いにくい言葉らしくて…」などとただすと、男性は「どうして? なにがおかしいです?」とすごんだ。

それでもスタッフは、店名について「(店側が意図しない)別の意味はご存じでした?」と確認。男性が「いや知りません。それはどこの言葉ですか? 日本語ですか? ロシア語ですか?」と返すと、スタッフは「日本語では俗語みたいに使われてて…」などと、店名がひわいな言葉にもとれると説明した。

「日本テレビのチャンネルを消します。アホか!」

すると男性は、20歳のころフランス映画で見た市場のシーンで、野菜を手に持ち「C’est Frais!(新鮮だよ!)」と声をかけるシーンをもとに店名を決めたと説明。「いかがわしいと思うなら、ここに来ればいいじゃないですか。直接聞けばいい」と続けると、スタッフは「そうですよね」と返す。

さらに男性は「おたくはどこですか?」とスタッフにテレビ局を聞き、「(今後は)日本テレビのチャンネルを消します。アホか…」と嫌悪感を露わに。それでも番組はひるまず、男性が電話に出て店名を口にする様子を流して茶化し、ナレーションでは「あなたのせいで大ケガです」と投稿者をイジった。

視聴者は一連のVTRを猛烈に批判している。

《ウケ狙いの失礼なインタビューをして、最後は投稿者のせいにする。日テレは電波少年のころから全然変わってない》
《看板のフランス語見て番組スタッフが調べればいいだけのこと、本当に失礼極まりない番組》
《あれは失礼過ぎるなぁ。怒らせたのに、よく放送したな》
《最近の造語で何十年も前の名前にそういう意味があるわけが無い ちゃんと謝るならまだしも こんなのが風評被害を広げていくんだよ》
《店主怒って当然。こんな取材したテレビ局側がアホとしか言いようがない。センスなし。素敵な由来じゃんね》

店のスタッフはさぞ心を痛めていることだろう。

【画像】

Dean Drobot / Shutterstock

【あわせて読みたい】