工藤静香の“交通事故報告”に違和感「加害者なのに優しさに感謝って…」

工藤静香 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

歌手の工藤静香が11月17日、自身のインスタグラムを更新。渋滞中にブレーキから足を離してしまい、接触事故を起こしてしまったと告白した。

工藤は《今日は自分の未熟さから2つの大切なことに気づかされた一日でした》と切り出し、《車で渋滞中。落としたお水に気を取られ、ブレーキから足を離してしまい、前の車にぶつけてしまいました。ちょっとした気の緩みが、人に迷惑をかけてしまうという事を改めて痛感しました。本当に申し訳ありませんでした》と謝罪した。

さらに《そしてもう一つ。私が迷惑をかけてしまったのに、車を当てられた側の方が、慌てふためいて謝罪する私に『僕も同じような事故をした事がありますよ』と、気遣ってくださいました。こんな時でもそうした気遣いが出来る人を目の当たりにし、私もどんな時でも思いやりを欠かさない人であり続けたいと改めて思いました》とつづり、《今回はどなたもお怪我はありませんでしたが、二度とこの様な事が無いように気をつけます》と気を引き締めた。

工藤静香の“事故報告”に違和感の声も…

衝撃的な事実を明かした彼女に、フォロワーからは、

《し~ちゃんも相手の方も怪我がなくてよかったです。相手の方が親切で良かったですね》
《どちらも怪我がなくてよかったね。車は大丈夫ですか?》
《相手の方が思いやりのある方で良かった。僕も常に車の運転をしているので十分気をつけます》
《お相手の方も降りて来られたのが静香さんだとビックリしたでしょうね。ゆっくり休んでください》

などと、工藤を心配する声が寄せられている。しかし一方で、

《これは違和感。加害者なのにInstagramで報告して被害者の方の優しさに感謝って…。自分が被害者だったらInstagramで報告されるの嫌だな》
《私は事故起こしてもちゃんと対応してますよ、アピールですか? それ当たり前の事ですけどね》
《旦那は車のCM。先日、交通事故で亡くなられたお兄さんの話をしたばかりなのに。ぶつけられた側も、インスタに載せられても困ると思います》
《「今日は自分の未熟さに…」から始める内容でしょうか? 違和感があります。もっと一大事のはず》
《夫婦揃ってうっかりとブレーキを緩めがちなのですね》
《その年齢ですと、未熟というより、加齢によるものかと思います。これから、運転技能が成熟したり上達することはないと思うので、私は運転しないことにしました》

などの声も寄せられている。

「工藤がいち早くインスタグラムで事故を起こしたことを報告したのは、現在、夫の木村拓哉が日産とCM契約を結んでいるからでしょう。幸いにも事故自体は大したことなかったようですが、本人が報告する前にマスコミ報道されてしまうと、印象もかなり悪くなってしまいます。最悪の場合、木村がCM降板する可能性もあったでしょうね」(芸能記者)

2017年6月には木村も都内の幹線道路の交差点で玉突き事故を起こしたが、木村は事故後の取調べで「考えごとをしていて、ブレーキを緩めてしまった」と、自らの不注意運転を認めている。

夫婦ともに、車の運転には注意を払ってもらいたいものだ。

【あわせて読みたい】