巨人・原監督が「満面笑顔の辞任会見」全真相

原監督の胸中としては、仮に松井氏が巨人復帰となれば続投の目はない――そう覚悟のうえで、某スポーツ紙に続投要請がない記事を書かせたのだ。

読売サイドは最後まで松井氏との進展具合を原監督には伝えなかった。監督候補の1人として名前が挙がっていた江川卓氏にも全く要請、または状況説明はなかったのである。私にも江川氏は「監督要請がくるわけない」と言い切り、親しい記者には「きても断る!」と断言していたが…。

松井氏が監督を受諾した場合、原監督は退任しても影響力は残せなかった。しかし、思惑通り由伸監督案が受け入れられた。原監督の立場からすれば、“してやったり!”の最高の気分だったわけだ。

長嶋終身名誉監督も松井氏の意思を把握していたので、「由伸しかいない!」と後押ししたのである。

(スポーツジャーナリスト・吉見健明)