“不倫擁護”で大炎上!『バイキング』坂上忍に批判「モラル崩壊してる」

坂上忍 

(C)まいじつ 

11月18日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、歌手・近藤真彦の不倫騒動について特集。出演者たちが不倫を擁護するような意見を述べたことで、ネット上で非難の嵐が巻き起こっている。

「近藤と25歳年下の女社長による不倫が報じられたのは、11月12日に発売された『週刊文春』でのこと。近藤は報道を事実と認めているようで、11月17日にはジャニーズ事務所から芸能活動の無期限自粛が発表されました。出演していたラジオ番組が差し替えられ、CMの契約が解除されるなど、不倫騒動の余波は業界全体に広がっています」(芸能誌ライター)

番組で近藤の不倫について取り上げられると、コメンテーターのカンニング竹山は「正直なことを言うと、マッチはよくね?っていう」「マッチさんはいいだろ別に」とコメント。さらに「(不倫を)規制したいんだったら、もうこれ法律を作れっていう」と言ってのけた。さらにMCの坂上忍も、「僕も正直、今回の件はね、そこまでね、仕事に影響あるのかなっていうのは思っていたんですけど」と竹山の意見に同調してみせる。

進行役の伊藤利尋アナが不倫に難色を示していると、坂上が「あなたもさぁ、さっきから正義漢ぶってるけどさぁ、じゃあ結婚してたって、人を好きになる気持ちっていうのを捨てていいんですか?」と追及。伊藤アナが苦笑いを浮かべていると、坂上は「結婚したら女でいちゃいけないんですか? 僕ら男でいちゃいけないんですか?」と興奮した様子でまくし立てていた。

坂上&竹山の持論に批判殺到! 炎上する『バイキング』

不倫擁護に傾いている坂上や竹山に対して、ネット上では、

《バイキングが不倫を肯定している。気持ち悪い》
《はぁ? なんでベッキーや東出昌大の時にあんなに叩いて、今回だけ擁護してんねん!》
《バイキングに出てる男性陣キモすぎ》
《擁護ひどすぎて、すごく変な空気になってる。放送事故じゃんこんなん》
《初めて見たけどバイキング気持ち悪い。いい不倫てなんだよ》
《この番組に出てる男の人たちやばくね? 笑うしかない不快すぎる》
《バイキング見たけど、マジで不愉快》
《バイキングって本当腐ってるわ》
《完全にモラル崩壊してるやん…》

などと、厳しい批判の声が上がっている。

「坂上や竹山は元々、不倫擁護の立場をとっているのでしょう。ベッキーと『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音による不倫騒動があった際にも、2人ともさりげなく擁護を繰り広げていました。とくに竹山は所属事務所の後輩であるベッキーを溺愛していたこともあり、ツイッター上で《あいつ本当にいい奴で俺と違って本当に真面目な奴なんで今回だけは許してあげてくんねぇ~かなぁ~。お願いします!》と軽いノリでコメントしていましたね」(同・ライター)

不倫を擁護して大炎上してしまった『バイキング』。各々の主張を貫くことは間違いではないだろうが、もう少し時代に合った意見を言った方がよさそうだ。

【あわせて読みたい】