どのくらいの日本人が食べる?年越しそばの意外な事実

dorry / PIXTA(ピクスタ)

dorry / PIXTA(ピクスタ)

“そばのように細く長く生きる”という願いを込めて1年の締めくくりに食べる年越しそば。その年越しそばについて、大みそかを前に改めて理解を深めてみよう。

年越しそばの風習が広まったのは、江戸時代中期だといわれている。そばは生地を薄く伸ばして細く切って作る食べ物なので、冒頭の“細く長く”を願い、健康長寿や家運長命など、縁起を担いで食べるようになった説が一般的だ。だが、他にも諸説ある。

そばは他の麺類よりも切れやすいことから、“今年一年の災厄を断ち切る”という説でも知られている。また、金箔を扱う職人が散らばった金を集めるときに、そば団子を使ってくっつけて集めたことから、“お金を集める”という説もある。

さまざまな説が年越しそばを食す風習につながっていることは分かった。では実際に、どのタイミングで年越しそば食べるのがいいのだろうか? 結論から言うと具体的に食べるべき時間は決まっていない。大みそかの日であれば、いつ食べても構わないようだ。

かつて大みそかはお正月の準備を終え、一晩中眠らずに年神を迎える日だった。この夜に早く寝るとしわが増えたり、白髪になるという言い伝えが残る地方もある。

大みそかが長い夜になるのは、いまも昔も変わらないが、年明け前の0時までには食べ終わるようにした方がよい。苦労や厄を来年に持ち越さないという意味もあるので、年を越してから食べるのは昔から縁起が悪いとされている。食べるタイミングとしては、夕食代わりに年越しそばを食べてもいいし、夕食を食べた後、年明け間近の夜食として大みそか中の遅い時間に食べてもいいだろう。

食べ方の決まりもなく、かけそばでもざるそばでも、温冷どちらでも問題はない。また具材もや味付けも天ぷらそば、たぬきそば、鴨南そば等々、好みにして大丈夫だ。ただ、大みそかのうちにそばを食べるということだけは念頭に置いておこう。

江戸時代から続いているとされる年越しそばだが、いまでも74.9%が年越しそばを食べる(2014年マクロミル調べ)というほど、日本人の文化として根付いている。1年を無事に過ごせたことに感謝し、来年が良い年であることを願いながら、そばに舌鼓を打とう。

最後に。ほかにも、以下のような年越しそばにまつわる話があるという。

【年越しそばの意外なあれこれ】

  • 8割近くの日本人が大みそかに年越しそばを食べる
  • 関西では大みそかにそばではなく、運を呼ぶ“うんどん(うどん)”を食べて“太く長く”を願うところもある
  • そばは風雨でたれても日に当たるとすぐに立ち直る植物なので、その強さにあやかってという説もある
  • 福島県会津地方や新潟県の一部では、年が明けてから年越しそばを食べる地域もある
  • 江戸時代、毎月末にそばを食べる三十日(みそか)そばという習慣があり、大みそかにだけその風習が残ったものが、年越しそばになったともいわれている

 

【画像】

dorry / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 日本の青汁がセレブの間で支持されている理由-Sponsored

※ ジャニーズ内でのし上がるために手段を選ばなくなった滝沢秀明

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ 新垣結衣の紅白歌合戦審査員出演の裏にあったのん潰し