『VS嵐』セクゾ中島健人“落下事故”で背中を強打…「危ない落ち方」

中島健人 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『Sexy Zone』のメンバーが11月19日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に出演。中島健人が高所から落下し、視聴者から心配される一幕があった。

中島は「クリフクライム」のコーナーに参加。佐藤勝利、菊池風磨、中島の順に壁をよじ登っていく。制限時間は120秒。佐藤が30秒ほどで引き継いだが、菊池は手間取り、55秒ほどを消費してしまう。そして、残り35秒でバトンを受けた中島は、大慌てで壁に張り付いた。

だが中島は、登り始め間もないところで手を滑らせて落下。命綱に助けられて地面にたたき付けられることはなかったが、横にくるりと一回転しながら落ちていき、途中の壁のやや飛び出た部分に背中を強打してしまった。

二宮和也が大笑いしながらも「大丈夫?」

『嵐』二宮和也らが手をたたいて大笑いする中、中島は慌てながらも再び挑戦。しかし頂上にはたどり着いたものの、1メートルほど前方のボタンに手が届かずタイムオーバーとなってしまった。

終了後、相葉雅紀は「背中、大丈夫なの?」、二宮は「(背中を)見えない誰かに押された?」などと冗談交じりに心配。中島は「ちくしょー!」と悔しがっただけで、強打した背中の状態について口にすることはなかった。だが視聴者は中島の背中を大いに心配していた。

《あれは危ない。背中大丈夫だったのかしら…》
《恥ずかしくて、痛いふりしてないだけなのかな? ちょっと危ない落ち方だったけど…》
《ケンティー危ないやつじゃん…いつもの全力過ぎて危ないやつじゃん…》
《危ない何かアクション映画見てるみたいだったw》
《振り飛ぶのは危ないな》
《思ったより激しかった落下 大丈夫かティ…》
《クリフクライムであんなに全力で落ちた人初めて見たよw》

番組はその後何事もなく進行した。中島ファンは胸をなで下ろしていることだろう。

【あわせて読みたい】