干支の酉は「ニワトリ」なのになぜ漢字が「鶏」ではないのか

(C)Shutterstock

(C)Shutterstock

2017年の干支は“酉(とり)”。干支の酉はニワトリと決められている。しかし、ニワトリなのに、なぜ“鶏”の漢字ではないのだろうか。新たな一年を迎えるにあたり、今年の干支である酉について理解を深めてみよう。

まず干支とは、古代中国で年や日などを表すために使われていた『干支(かんし)』が由来だ。日本では『干支(えと)』として十二支の動物を指すことが一般的になっている。

子、丑、寅、卯…と続く干支の動物の順番には諸説ある。具合が悪くなったお釈迦様に見舞いに行った順という寓話が有名だが、他にもお釈迦様が、新年にあいさつに来た順から12匹(頭)に、一年ずつその年を守ってもらうとした説などもある。また、“犬猿の仲”ということわざにある、サルとイヌのけんかの仲裁に入ったのがトリだったので、猿、酉、犬の順番になったとも言われている。

それでは、酉の漢字の由来についてみてみよう。

酉は象形文字で、収穫した果実などを醗酵させて酒を造る器、つまり“酒つぼ”を意味している。古代より収獲の喜びや実りの感謝を神に捧げるために酒を醸していたことから、酉は神聖なものとされていた。

では、なぜ酒つぼを意味する酉が、ニワトリの“とり”となったのだろうか。

これは、酒を飲む時間が酉の刻(現在の18時前後)だったり、学のない庶民にも分かりやすいように、身近な動物の名前を無理やり当てはめた説などがある。しかし、明確なことは分かっていない。ただ、酉は縁起のよいものとして扱われていたことは確かなようだ。

毎年11月に行われている祭りに『酉の市』がある。商売の神様を祀る祭りとされ、浅草鷲神社(東京都)を始め、全国の鷲神社では熊手を買い求めて商売繁盛を願う人たちが集う。また、漢字だけにとどまらず、“とりはとりこむ”とも言われ、お客を一人でも多く取り込みたい商売人などにとっては、酉年は縁起のいい年だとされている。干支に限らずこんなところにも酉が使われているのだ。

一方で、干支にはそれぞれ守り本尊が決まっている。かつて身を守ってくれる仏として、信仰の対象とされていた。酉年生まれの守り本尊は『不動明王』で、煩悩を断ち切り、精進する者には救済の手を差し伸べるという、怒りの形相で有名な仏様だ。病魔退散、家内安全、商売繁盛などのご利益があるとされている。

京都府にある東寺の講堂に安置されている『立体曼荼羅』の五大明王の中に、日本最古の不動明王像を見ることができる。他にも浄瑠璃寺(京都府)、関東にも世田谷観音(東京都)、極楽寺(神奈川県)、成田山新勝寺(千葉県)など、不動明王を祀る寺院は全国各地にある。

初詣がこれからだという人は、酉にゆかりのある寺や神社に行ってみてはいかがだろうか。

 

【画像】

(C)JellicleCat / Shutterstock

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

※ 日本の青汁がセレブの間で支持されている理由-Sponsored

※ ジャニーズ内でのし上がるために手段を選ばなくなった滝沢秀明

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ 新垣結衣の紅白歌合戦審査員出演の裏にあったのん潰し