佐藤江梨子“夫からのプレゼント”を売却!「ネタだと信じたい」とドン引き声

佐藤江梨子

(C)まいじつ

女優の佐藤江梨子が、11月19日に放送されたバラエティー番組『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』(TBS系)に出演。結婚前に夫から貰った、『エルメス』のキーホルダーを質屋に売ったと告白した。

この日番組では、佐藤が夫から交際を申し込まれた際、エルメスのキーホルダーに合鍵を付けてプレゼントされた時の様子を、VTRで再現。感動的なエピソードにスタジオは拍手に包まれた。

しかしその後、佐藤は「この間、荷物を整理していて。もう使わなくなったので、そのキーホルダーを質屋に持って行ったら6000円で買ってくれた」とまさかの告白。タレントの宮川大輔は「それ、絶対質屋に持っていったらアカンやつ!」と非難したが、佐藤は「違う違う! 子どもができると、もっともっと荷物はどんどん増えていくんですよ。消耗品だから…」と弁解した。

佐藤江梨子の自己中な性格は定評?

夫からのプレゼントを質入れするという佐藤の大胆過ぎる行動に、ネット上では

《別れた男からのプレゼントならわかるけど、今の旦那さんだよね。ちょっとありえないんだけど》
《断捨離で捨てたようなこと言ってるけど、キーホルダーだよね? 邪魔になるか? 旦那さん怒らないのかな》
《ネタだと信じたいね。たかだか6000円くらいの金に替える必要あるか?》
《いままで男からの貢物は、そのまま質屋行きになってたんだろうね》

などと、非難の声が殺到。『かまいたち』山内健司も「捨てるんならまだわかるんですけれど、サトエリさんが6000円取りに行ってるのが…。それなら捨てて欲しい」とコメントしていた。

「ネット上では《番組用のネタなんじゃないか》と疑う声もあがっていますが、佐藤の性格を考えればあながち嘘とは言えないかと。佐藤は、堀越学園在学中の1999年に『大磯ロングビーチキャンペーンガール』に選出されて芸能界デビューしましたが、当時から性格の悪さは折り紙付きで、あまりのワガママぶりに担当マネージャーが次々と逃げだし、所属事務所の『イエローキャブ』内で大問題になったと言われています。抜群のボディーの持ち主ですから、男からのプレゼントも数多く、その当時から質屋に売り飛ばしていたという目撃情報もありますよ。今の時代だったらメルカリに出品するのでしょうが、質屋というのがかえって使い慣れている感じがします」(芸能記者)

佐藤は過去、路上で自転車に乗った男性に、いきなり尻を叩かれるという被害にあったことを告白。「時間を決めて、女性専用車両だけでなく女性専用歩道も作ってほしい」と主張し、あまりの勝手ぶりにファンを唖然とさせたことがある。

夫からのプレゼントを質に入れるくらいは、佐藤の感覚だと無問題ということなのだろうか…。

【あわせて読みたい】