「Charaかと思った」インドネシアユーチューバーの日本語カバー曲が話題

(C)Ollyy / Shutterstock

インドネシア生まれのユーチューバー・レイニッチによる『Say So』の日本語カバー動画が、1850万回以上の再生回数を記録する大ヒットとなっている。

同曲のオリジナルは、アメリカの歌手でラッパーのドージャ・キャットによるもので、ロサンゼルスを中心にヒット。今では口コミで世界中に広がっている。

「レイニッチはインドネシア生まれで、現在スマトラ島に在住しています。甘い声質を生かしてJ-POPやアニメソングのカバー動画を投稿し、大人気になっています。現在、YouTubeのチャンネル登録者数は125万人を超えており、さらに増加中。今年の3月に『Say So』の日本語バージョン動画を公開すると、またたく間に話題になり、世界的に注目を集めました。現在も口コミで評判になっていますから、すぐさま2000万回再生されるでしょう。この偉業にオリジナルを歌っているドージャもビックリしているといいますよ」(音楽ライター)