佐々木蔵之介と横山裕の関西弁が小気味いいアウトロー映画

hamon

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『破門 ふたりのヤクビョーガミ』

松竹配給/1月28日より新宿ピカデリーほかで公開
監督/小林聖太郎
出演/佐々木蔵之介、横山裕、北川景子、橋本マナミほか

個人的に、黒川博行の関西テイストのアウトロー小説は大ファンなので、その映画化ともなれば見逃せない。昨年の『後妻業の女』も評論家筋の評判はなぜか良くなかった(私も評論家の端くれだが)。でも“三面記事映画”として十分楽しめたものだ。今回もゼニがらみの欲と業が入り乱れる“しょうもない連中”の話である。基本的にこういうオヤジ週刊誌が喜びそうなネタが大好きな俗っぽいオトコですから。そこんとこヨロシク。

原作のシリーズの大きな魅力は、すぐにキレるイケイケやくざの桑原と、口先だけのぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮のコンビのコテコテ関西弁による丁々発止。これがキモ、イノチとも言える。製作サイドもそのへんは「にせ物の関西弁では無理がある」と先刻承知。かつて『極道の妻たち』シリーズで、岩下志麻姐さんは適役だったが、唯一最大のネックは、関西弁に無理があった、とは有名な話。ボクは東京育ちだが、関西圏に友人ようけおるし、関西弁好きやからチーとうるさいで(急に怪しげな関西弁使うな)。

その点、この映画はご心配ご無用。主演の佐々木蔵之介は京都府、関ジャニの横山裕はもちろん大阪府、助演の北川景子も兵庫県の出身だし、以下木下ほうか、キムラ緑子、國村隼、橋爪功など、ほとんど関西圏生まれの役者でビシッと固めて完璧の布陣。たっぷり関西弁シャワーを浴びる喜びに浸れるって寸法だ。ちなみに小林監督も大阪府出身。

えっ、関西弁、苦手ですか。じゃあ、この映画とはご縁がない。

ヤクザと口先男が、もうけ話にダマされて面目丸つぶれ。アタマに来た二人は、関西はもとより海を越えてマカオまで奔走するが、失踪した相手に翻弄され、逆に何者かに狙われる始末で一大ピンチ。さあ、われらがアウトロー・コンビ、どうする、どうなる? ってな一席がテンポ良く進行する。

『超高速! 参勤交代』シリーズの領主など好人物のイメージの強い佐々木の、イケイケ極道役は珍しくて新鮮。横山のヘタレぶりもぴったりで、両者のケンカ&裏切りアリの掛け合いが実に楽しい。欲の皮がつっぱった連中の悪あがき話は、いつの時代でも興味が尽きない。それに関西弁がコーティングされると、ユーモアが醸し出される。そのへんが味わい処。なお橋爪功の愛人役で橋本マナミがセクシーなところを見せており、さすが“愛人イメージ日本一”だけのことはある。たまらんなあ。

これは原作シリーズの5作目の映画化だが、まだまだいくらでも。どんどん作って、どんどんよくなる法華の太鼓と行きたいねえ。

 

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

えっ…正月太り!?そんなアナタに日本発の「ある飲み物」-Sponsored

※ よく見るのに名前が出てこない「なぜか人気が出ない女性芸能人」たち

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ HKT48宮脇咲良が家族旅行のSNS投稿で炎上した理由