離婚成立の米倉涼子が新年早々「合コン攻勢」を開始

(C)まいじつ

(C)まいじつ

昨年12月30日に、女優の米倉涼子(41)と会社経営者の夫(39)の離婚がようやく成立した。

「結婚直後の2015年3月ごろから、性格の不一致や夫のモラルハラスメントが原因で、夫婦関係が崩壊しているという報道が相次ぐようになりました。その後、離婚協議に入りましたが、別れたい米倉と、渋る夫との間で話し合いがまとまらず、弁護士同士の協議も長期化。このほどようやく離婚が成立したのです」(芸能関係者)

泥沼離婚の影響で、米倉は約2年間も新しい出会いを封印していた。

「米倉と元夫は、結婚直後の2014年末から都内の高級マンションで同居生活を始めたのですが、実質はわずか1日で同居を解消していたというのです。それ以来、米倉と元夫は別居生活を続け、2015年に入ってからは離婚協議に入り、弁護士を通じたやり取りをする関係になってしまいました。万が一、別居中に米倉がほかの男性と逢瀬をしたり、デートをしているのを報じられでもしたら、離婚協議に決定的な悪影響を及ぼします。米倉は弁護士からも『絶対にほかの男とデートしたり、男女の関係を結ばないよう』と強く釘を刺され、それをきっちりと守っていました。そのため、米倉は別居が始まった2014年末から、離婚成立の昨年末までの約2年間は、完全な“男断ち”をしていたのです。離婚が成立したことで、その反動が心配されています」(スポーツ紙記者)

昨年10月期の主演ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)は平均視聴率が21.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2016年の民放ドラマで最高の数字だった。

「米倉は離婚成立直後、親しい周囲に冗談ぽく、『2017年は飲みまくるし、やりまくるよ~』と宣言しているようです。米倉はこれまで、市川海老蔵、岡本健一、亀梨和也らといった、そうそうたる面々と浮名を流してきました。今年は新年早々から、知り合いの俳優らに連絡しまくり、飲み会の約束を取り付けているようです。周囲に『しばらく結婚はいいや』と話し、男性とは遊びの関係を続けたい趣旨の発言もしているようです。いろいろな男性を自宅に“お持ち帰り”するところの写真が報じられるのも時間の問題でしょう」(芸能記者)

二度と失敗しない?

 

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

えっ…正月太り!?そんなアナタに日本発の「ある飲み物」-Sponsored

※ よく見るのに名前が出てこない「なぜか人気が出ない女性芸能人」たち

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

米倉涼子が730日かけて勝ち取った正式な協議離婚の中身