大谷翔平のMLB移籍秒読みで焦り始めた「あの人」

ohtani

(C)まいじつ

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平(22)が、1月8日に都内で行われたゲーム大会『パワプロフェスティバル2016決勝大会』にゲストで出席した。

「大谷は日本のプロ野球選手で最も人気があるといっても過言ではないでしょう。常にスポーツ紙の紙面を飾り、この日も子供たちからの多くの歓声を浴びていました」(スポーツライター)

このイベントでは、壇上で小学3年生の男子とゲームで3打席の対決をしていた。投手の大谷は169km/hの速球を投げ込んでいたが、3打数3安打と打ち込まれ「プロの厳しさを見せようと思ったけど、見事に打ち砕かれました」と完敗に苦笑い。

「ゲームなので、むしろ子供の方が上手いということもあります。ですが、いまの大谷は、かつての野茂英雄氏やイチローのように、子供に夢を抱かせる選手になりつつあります。そういう点では、松坂やダルビッシュ、田中将大以上の存在でしょう」(同・ライター)

その小学生から「メジャーへ行っても頑張ってください!」と一足早い激励を受け、大谷は再び苦笑いを見せていた。その際には「ファイターズで日本一になりたいと思います」と返していた。

「大谷は、『今年いい成績を残すことができたら(MLBへ)行きます』と公言しました。多くのメディアも、やはり来年はMLBのチームのユニホームを着ているだろうと予想しています」(スポーツ紙記者)

MLBに挑戦したいという大谷の気持ちを止めることはできないだろう。しかし、この挑戦に、大谷のことを狙っている女子アナたちは戸惑っている。彼女たちは今年中には結婚まではいかないまでも、交際を取り付けたいと考えているはずだ。

「大谷は昨年末に、大手芸能事務所のホリプロの所属になりました。ホリプロというと、女子アナではフジテレビの宮澤智アナが同事務所の出身です。彼女は大谷が高校生のときから接触があり関係が深く。同局では最も大谷を取材しています」(フジテレビ関係者)

その宮澤アナとスポーツ番組『スポーツLIFE HERO’S』で共演している同番組の司会で、フリーアナウンサーの加藤綾子(31)も大谷のファンだ。

「いま大谷に接触できる女子アナは北海道A局のTアナと宮澤アナ。そして、加藤です。つい先日まで加藤は恋愛に関する質問を必要以上にしたせいで、球団から取材禁止を言い渡されていましたが、これが解除されたようです。そこでライバルで共演でもある宮澤アナの“番組はずし”を画策しているといいます。最近、宮澤アナは早朝番組の『めざましテレビ アクア』に部分異動しかかっています」(同・関係者)

1年の期限が加藤を焦らせている。

 

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

えっ…正月太り!?そんなアナタに日本発の「ある飲み物」-Sponsored

※ よく見るのに名前が出てこない「なぜか人気が出ない女性芸能人」たち

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ HKT48宮脇咲良が家族旅行のSNS投稿で炎上した理由