W杯最多勝更新間近の高梨沙羅のストレス解消法は?

takanashi_sara

(C)まいじつ

ドイツで開催されていたノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は、1月8日に高梨沙羅(20)の圧勝で幕を閉じた。これで今季4勝目、W杯通算48勝目になり、このまま行けば、1月中にグレゴア・シュリーレンツァウアーの持つ歴代最多の53勝に到達するのではないかと期待されている。

「2月に平昌冬季五輪のプレ大会が開催されるので、高梨はこの大会に調子をピークに持ってこようと調整しています。そのため、この先の大会ではさらに調子が上がっていくと思われるので、記録到達の可能性は高いでしょう」(体協詰め記者)

そんな高梨が好調さを持続させるために続けているのが、オンとオフの切り替えだ。練習するときは、脇目もふらずに限界まで肉体を追い込むが、オフには趣味に興じているという。

彼女の趣味はショッピングで、競技で海外を転戦している合間を縫っては、時間を見つけて街に繰り出しているそうだ。

「街を散策して、気に入ったものがあったら迷わず購入しているそうです。それも一度に買うものは、一つや二つではないようです。また、街に出る際には化粧をしなければ絶対に出掛けられないとも話していました」(同・記者)

今季は特にそうだが、高梨は周囲から勝って当然の立場として見られている。高梨にストレスがかかる環境も分からなくもない。試合では常に緊張感を味わい、終了と同時に激しい脱力感にも見舞われているのではないだろうか。そして、息をつく暇もなく次の大会へと向かう。こんな生活を半年も続けるのだ。買い物くらいでしか“ガス抜き”ができないのかもしれない。

「年末年始は実家で過ごしましたが、直前まで強化合宿を行っており、正月明けにはすぐにW杯が始まるので、精神的にはほとんど休めていないはずです。好調さとメンタル面の両方を持続させるためのストレス解消法として、買い物に凝り始めたようです」(スポーツ新聞記者)

そんな高梨も、先日に二十歳の成人式を迎え、今後の目標を聞かれた。その際には、「子供たちに(スキーを)教えたい」と答えていた。買い物のほかにも気分転換が必要になっているのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

「SMAP」解散の裏側①~「オレは木村を絶対に許さない!」

赤いチカラで春までに!? 痩せたいアナタにマイブレイク!レッドスムージー-Sponsored

SMAPの未来を不気味なほど予見していた「過去の名ドラマ」

※ 元AKBグループで最も稼いでいるのは前田敦子でも大島優子でもなく…

※ HKT48宮脇咲良が家族旅行のSNS投稿で炎上した理由