加藤紗里の炎上に同情の声殺到! 無理やりすぎる企画に「不憫」「哀れだな」

加藤紗里 

(C)まいじつ 

タレントの加藤紗里が11月22日、自身のインスタグラムにてパンケーキをこぶしで叩きつぶす動画を公開。あからさまな炎上商法に、ネット上では同情する声が殺到している。

話題の動画は、カフェの店内で「パンケーキ食べたい、パンケーキ食べたい」と芸人・夢屋まさるのリズムネタを繰り返す加藤に、店員がパンケーキを持っていくと「これじゃない!」と言いながらこぶしを振り下ろすというもの。動画とともに、《わがまますぎてなにが悪い!!w 紗里が食べたいパンケーキはこれぢゃない!www》というコメントを添えている。

この動画が瞬く間に炎上すると、加藤はストーリーでフォロワーからの《紗里さんがパンケーキを潰す!→アンチ騒ぐ→ニュース→パンケーキ屋さん喜ぶ》という指摘を引用し、《その通りw》とニヤリ。なお、ニュースサイト『Jcastニュース』の取材に加藤は、「謝罪する気は一切ない」「まんまと(釣れたな)という感じですね。批判が来るのはわかった上での投稿だったので。どんだけアホやねんという感じですね」と一笑し、昔のコント番組を引き合いに「(私の動画の)エンタメの世界がわからないのかな」と不平をこぼしている。

「もっと炎上してあげて」

「思い返せば、加藤は2016年2月の芸人・狩野英孝との交際がきっかけで、世に名を知られるようになりました。その後もヒール役に努め、お金持ちの男性との結婚や、有名男性ユーチューバーを父とした出産など、人生をかけて炎上系有名人の役割を担っています。現在は子どもがいる手前、なかなか炎上しきれないとあって〝食べ物を粗末にする〟というテッパン炎上ネタに挑戦したのでしょう」(ネットメディア編集)

しかしながら、そんな加藤の魂胆に対し、ネット上では

《無理やり炎上狙ってる感じがかわいそう 不憫》
《かわいそうだからもっと炎上してあげて》
《子どもできたからか、結構キツめにアホな主婦煽ってるけど、あんまうまく炎上しないよな》
《炎上狙いもここまで来ると哀れだな こんな事までしなきゃ注目を集められないのか 発想がかわいそうな人だ》
《炎上だけが売りだから、たまにこういうことやらないといけないんだろうな》

などと、憐れむ声が多くあがっている。

自分の終わってしまった人生に絶望せず、頑張ってほしいものだ。

【あわせて読みたい】