ドラマ「奪い愛、冬」で主役以上の評価と存在感を見せる水野美紀

(C)まいじつ

テレビ朝日系の『金曜ナイトドラマ』枠で放送されている連続ドラマ『奪い愛、冬』に出演している水野美紀の“悪女”ぶりが、高い評価を集めている。

このドラマのストーリーは、結婚寸前の仕事ができる女性の目の前に元彼氏(元上司でもある)が出現する、という、かつて放送されていた昼の帯ドラマを意識したかのような内容だ。水野は、壮絶な嫉妬を前面に出した主婦役を演じ、主役の倉科カナ以上の存在感を見せている。

「このドラマの演技で、これから先もドラマの悪女役で名前が真っ先に挙がるような存在になりつつあります。それほど演技は素晴らしい演技を見せています」(ベテラン演出家)

悪女の役といえば、最近ではモデルで女優の菜々緒の演技が評判だ。しかし、菜々緒はどちらかと言うと“嫌な女”の役が多い。その菜々緒の演技を某民放関係者は「悪女とはちょっと違う」と語る。

「悪女は、人生で労苦を重ねた女優にしかできません。水野は所属していた芸能事務所を飛び出して独立をし、芸能界で仕事を干された経験も踏まえているからこそ、あの鬼気迫る演技ができるのでしょう。同僚と話しましたが、早くも水野に出演して欲しいという話になっています。彼女はもともと主役をこなす演技力をもっていますが、これで完全に開眼したという気がします。昨年、お笑い芸人のバカリズムが脚本を担当したドラマ『黒い十人の女』(日本テレビ系)で、腹黒い舞台女優を演じたあたりからにわかに、悪女をやらせるなら水野美紀だというのが僕らのあいだでも話題になっていました」(同)

水野はもう瞳だけで演技が十分にできる領域になったと、別の民放局ディレクターも指摘する。

「食事を作ったのだが旦那の帰りが遅いというときに、水野が『遅い』とつぶやくシーンがありました。このときの諦めているような、それでいて執着のある表情は、40歳を過ぎたばかりの女優のものではなく、松坂慶子や大原麗子らの領域に近づいていたといえるでしょう。人生経験を積んだ女優が見せる渾身の演技に、主役の倉科と三浦翔平は食われてしまった印象です」

かつては悪女役でならしていた米倉涼子は『ドクターX』シリーズでの印象が強くなってしまい、もう悪女には戻れないだろう。

「今後、松本清張が原作のドラマをやるときには、水野の名前が挙がるでしょう。芸能事務所から独立して仕事を失ったこともあったけれども、そんなハンデはもう彼女には関係ないはずです」(同・ディレクター)

水野の“悪い”演技に注目だ。

 

【あわせて読みたい】

※ 草彅剛主演ドラマは前評判上々も「あの女優」のせいで台無しに

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

春までに‐10kgを目指すあなたのための「赤いダイエット」-Sponsored

※ ジャニーズ事務所が早くも始めた「香取慎吾いじめ」

※ 不倫が報じられたマギーのとんでもない倫理観