木村拓哉が自身のラジオでなりふり構わないドラマPR

(C)まいじつ

木村拓哉が、1月27日に放送されたラジオ番組『木村拓哉のWhat’s up SMAP!』(TOKYO FM)で、主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)での撮影エピソードやこぼれ話を明かしていた。

「ラジオは終始、ドラマの宣伝ばかりでした。メールでの質問も、ドラマに関してのものだけを採用する徹底ぶりです」(40代のリスナー)

木村は「(TBSの)緑山スタジオではドラマ『カルテット』も撮影中で、おたかさん(松たか子)が挨拶によく来てくれる」と話したあとに、「おれ、この前やっちゃったんです」と剛力彩芽の主演ドラマ『レンタルの恋』の撮影を邪魔してしまった失敗談についても触れていた。カルテットも、レンタルの恋も、現在TBSで放送中のドラマだ。

「『本番!』の掛け声を聞いていれば、そんなことはしなかったけれど、帰る途中に緑山の正面玄関ロビーで剛力さんが撮影しており、おれが思い切り(エレベーターを)出た瞬間“カット!”と声が掛かって撮影が止まってしまった」とミスをわびるトークを展開していた。

「よくよく聞いてみると、これはTBSのほかのドラマの宣伝もしてあげている結果になっています。そのため、かなりTBSに気を遣った“営業トーク”だと見る人間は多いです。それというのも、A LIFEのキャストについて『一流の女優や俳優をそろえてほしい』という木村のわがままが押し通された結果、竹内結子がヒロインで浅野忠信や松山ケンイチ、菜々緒、木村文乃らの豪華な出演者たちが集まったという経緯があるのです。医療セットや医学監修料も金額としては相当なものです。これらを回収するには、20%の平均視聴率が最低限のノルマだといわれているのに、第3話まででは15%に届いていません。そのため『木村は大言壮語の責任をどう取るのか』という空気が漂い始めていたのです」(芸能ジャーナリスト)

この雰囲気を敏感に察知した木村が、TBSの他のドラマのPRもしてご機嫌を取っているというのだ。

「カルテットの視聴率はいまのところ10%前後、レンタルの恋に至っては、深夜の時間帯とはいえ2%もない散々なスタートになっています。TBSが木村に“宣伝”してもらったという可能性も否定できませんが…」(同・ジャーナリスト)

いずれにしても、木村のドラマは予想や期待よりも低迷している。

 

【あわせて読みたい】

※ 草彅剛主演ドラマは前評判上々も「あの女優」のせいで台無しに

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

春までに‐10kgを目指すあなたのための「赤いダイエット」-Sponsored

※ ジャニーズ事務所が早くも始めた「香取慎吾いじめ」

※ 不倫が報じられたマギーのとんでもない倫理観