神田うの“コロナ禍”でワインパーティー! ずさんな感染対策に呆れ声

神田うの 

(C)まいじつ 

タレントの神田うのが11月24日、自身のインスタグラムを更新。『ボージョレ・ヌーボー』解禁日のパーティーに出席した様子を公開した。しかし、ネット上ではあまりもずさんな〝新型コロナ感染対策〟に心配する声があがっている。

神田は、《麻布十番にあるセレクトショップさんのボージョレ解禁日に行われる毎年恒例のエムロマンパーティー》というコメントとともに、タレントのデヴィ夫人や中島史恵、デザイナーのドン小西氏らとワイングラスを傾けた豪華な集合写真をアップ。円卓テーブルの上に、透明のアクリルパネルが設置されていることが見受けられる通り、《今年はゲスト人数を半数にし円卓にしウィルス対策アクリルパネル(飛沫防止板)をしての徹底振りに安心して参加させて頂く事が出来ました》と報告し、《大好きな方々と久々に楽しい時間を過ごす事が出来ました》と喜びをつづっている。

https://www.instagram.com/p/CH9ZFmCr6ey

華やかで楽し気な投稿に、ファンからは

《このワインの解禁日はみんなワイン好きは楽しみにしていますよね》
《スタイル抜群カッコいいです》

などと温かいコメントが寄せられている。

10月は新型コロナ対策をしていたものの…

「しかしその一方で、新型コロナウイルスの感染拡大により、よもや緊急事態宣言をも視野に入るかという状況下でのパーティー、しかも〝密〟な集合写真を掲載していることに対し、ネット上は大荒れとなっています。特に神田の場合、どうしても〝金持ちの道楽感〟がキャラとしてにじみでてしまっているものですから、おのずと拒否反応も強いかと…」(ネットメディア編集)

実際にネット上では、

《透明の仕切りの意味よ!笑》
《密やん》
《感染対策ばっちりです!って言いながらこんな密着した写真上げるとか…》
《感染対策徹底してました!とかアピールするくらいならわざわざこんな投稿しなくていいのに》
《わたくし達マスク無しでパーティーしてますアピール、誰得なの?》

など厳しい指摘ととともに、心もとない感染対策に心配する声が多くあがっている。

10月19日のインスタでは、子どもの誕生日に《今年はコロナで毎年恒例のお友達をお誘いしてのパーティーは出来ないなと… 週末家族で少し早めのお祝いをしました》と家族でフードデリバリーでお祝いしたことを報告していた神田。しかしこの気のゆるみは、神田だけでなく、世間も同様だろう。

【あわせて読みたい】