紺野あさ美がアイドルも女子アナも中途半端に終わった原因

(C)まいじつ

テレビ東京の紺野あさ美アナウンサーが、3月をもって同局を退職すると発表した。

紺野アナは今年の元旦に、東京ヤクルトスワローズの杉浦稔大投手と入籍。1月10日にテレビ東京の公式サイトを通じて、結婚したことを明らかにしていた。その後、家庭優先のため3月末で退社することを発表している。

「このままではテレ東の看板になるようなアナウンサーになれなかったでしょうし、いい潮時だと思われます。現在の仕事も、情報番組『なないろ日和!』の水曜日と木曜日に部分的に出演しているだけです。本人もアナウンサーに見切りをつけたのではないでしょうか」(テレビ東京関係者)

紺野アナはアイドルグループ『モーニング娘。』の中心メンバーだった。高卒認定試験(旧大検)を受けるために脱退したあと、慶應義塾大学環境情報学部にAO入試で入学。2011年に鳴り物入りでテレビ東京に入社した。

「テレ東は昔からモー娘のレギュラー番組を放送しており、つながりが深かった。そのため、コネ入社と囁かれたのは事実です。話題性を狙って入社させたという見方が大半でした」(同・関係者)

テレ東に入社後も、陰口を叩かれることが多かったという。

「慶応大の入学についても、本当に実力なのかが疑問視されていました。有名な芸能人であれば、学力が相当悪くない限り、AO入試では受かるのでしょう。テレビ東京内部では入社の際、大学のこともあったので“コネ野”や“ズル美”と呼ぶ人間が少なからずいました」(テレビ雑誌編集者)

そして、写真週刊誌の報道で、入社半年が経ったときに大学の先輩との同棲が発覚した。

「彼氏が自分の起業した会社の売名行為に使ったというのが、関係が発覚した原因です。しかも、報道後にはすぐにふられています。こういう交際問題も彼女が局内で浮いてしまった理由です」(同・編集者)

また、先輩アナウンサーの使いっ走りとして、20個以上の弁当を買いに行かされて泣いているところを、一部の投稿雑誌に掲載されたこともあった。

「2014年には、いじめによる心労で痩せ細ってしまったこともあり、それが原因で3カ月の休職をしています。。その後も同僚には相手にされないまま、現在のようなテレビ画面へほとんど出番がないという状況に至ったのです。キー局のアナウンサーは、1000倍ほどの倍率をくぐり抜けることができた選ばれた人たちばかり。そういった環境に紺野は合っていなかったのでしょう」(女子アナ評論家)

最終学歴慶応大学卒で、アイドルから女子アナへ。そして現在はプロ野球選手の妻。これだけ夢物語のような道を歩いてきたのに、少しもうらやましがられないところが不思議だ。

 

【あわせて読みたい】

※ 木村拓哉が自身のラジオでなりふり構わないドラマPR

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

アンジャッシュ渡部が佐々木希と「証拠写真」を撮られない理由

※ ノンスタ井上裕介が書類送検で鬱状態に

※ 謹慎中の狩野英孝に「禁断プレイ証拠写真」の存在が発覚か