映画『Fate』が“全米”ランキングで10位に! 異例の事態にファン騒然

(C)NeonShot / Shutterstock

アメリカの映画興行収入を発表する〝全米ボックスオフィスランキング〟。先日発表された11月の第2週分に、なんと日本のアニメ映画『劇場版「Fate / stay night [Heaven’s Feel]III.spring song」』がランクインした。全米ランキングに、日本アニメが登場するだけでも驚きだが、それが『Fate』シリーズということもあり、ネット上にはさまざまな反響が寄せられている。

今回のランキングは11月13日から11月15日分を集計したもの。ランクインしたのは『Fate / stay night』の「Heaven’s Feel」というルートを、3部作でシリーズ映画化した〝最終章〟にあたる作品。アメリカでの興行収入は20万ドル(約2100万円)で、クリストファー・ノーランの『TENET テネット』や、注目作『The Last Vermeer』に続いて、堂々10位にランクインしたのだった。