視聴率が回復しないドラマ「相棒」は5代目に「あの人」を起用か

(C)Shutterstock

人気のドラマシリーズ『相棒』(テレビ朝日系)の出演者が、近い将来に大きく変わりそうだ。

現在、同ドラマは特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が主役のコンビを組んでいる。season1から現在放送中のseason15まで“相棒”として登場したのは反町が4人目だ。

「反町の前の相棒は、芸能界から引退した成宮寛貴さん(甲斐亨役)でした。父親が警察庁次長でという設定で、おちゃらけている割に正義感がありました。しかし、正義のためには犯罪もいとわず、最後は凶悪犯罪者の“ダークナイト”であることが発覚し、逮捕されています。驚きの展開に視聴者の反響は大きなものとなりました」(テレビ雑誌編集者)

そのあとに出てきたのが冠城役の反町というわけだ。冠城は法務省から出向してきているキャリア官僚。司法資格もあるわけではなく、警視庁に出向といっても捜査、逮捕の権限はない。

「警視庁では“お客様”と言われ全く相手にされませんでした。それが、右京に同行するうちに、刑事に興味を持ちはじめたのです。それで警察学校に入校し、警視庁入りとなったわけです」(同・編集者)
成宮さんの登場したseason11~13は、すべての平均視聴率が17%以上を記録していた。しかし、反町が初登場した前作のseason14は15.3%。そして今作のseason15は、元旦のスペシャル番組の17.3%を含んでも、現在の平均は14.7%(2月1日放送の第13話まで)と、芳しくない状況が続いている。

「番組は19話か20話まで放送されるので、まだ分かりませんが、反町が出演するようになって視聴率が下がってきたことは確かです。右京が犯人を逮捕する直前に、こういう理由で特定したと証拠を分析し、犯人を追い詰めます。しかし、それに冠城が割って入ってくるところが不評のようです」(同・編集者)

水谷は常々「視聴率15%を割ったら辞める」といっているので、相棒のファンは気にせざるを得なくなってきている。

「反町を指名したのは水谷自身というところに問題があります。出演発表当初は『僕らは会うべくして会った』と絶賛していました。そのため、反町が出演するようになって、視聴率が下がるとは思っていなかったでしょう。自分の力で何とかなるとも考えていたかもしれません。しかしながら、さすがに最近は水谷も自覚してきたようで、次作で反町を降板させる意向のようです。後任の相棒役には、今シリーズでもゲストで出演している及川光博の再起用が見込まれています。彼が相棒役で出演していたシリーズは、最高の平均視聴率20.4%を記録したことがあります。最近になって、ドラマ内で右京が冠城に『頭の悪いあなたには分からないでしょう』という台詞を何度か使っています。これが“終わりのサイン”だと噂されています」(テレビ朝日関係者)

水谷と及川は名コンビだった。復活なるか?

 

【画像】

(C) Juice Team / Shutterstock

【あわせて読みたい】

※ 木村拓哉「A LIFE」で医学生に見せられないと指摘されたシーン

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

アンジャッシュ渡部が佐々木希と「証拠写真」を撮られない理由

※ ノンスタ井上裕介が書類送検で鬱状態に

※ 謹慎中の狩野英孝に「禁断プレイ証拠写真」の存在が発覚か