侍ジャパン四番争いでDeNA筒香に日ハム中田翔が嫉妬する理由

fresco2 / PIXTA(ピクスタ)

最近、北海道日本ハムファイターズの主砲の中田翔の影が薄い。

いま、世間は同じく北海道日本ハムファイターズの大谷翔平、横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場の話で持ち切り。大谷は右足首痛で辞退となったが、それでも話題になってしまう。

「中田はWBCにも選出され、日本を代表する選手には違いないのですが、いかんせん話題が少ない。昨年は打点王を取りましたが、人気面では完全に大谷にさらわれた感じ。大谷人気は悔しいみたいですよ。ひところはヤンチャの中田はネタの宝庫でしたが、メッキリ地味になりましたね」(スポーツ紙記者)

大谷はさておき、WBCの興味のひとつは四番に誰が座るのかということだ。現時点で中田と筒香の争いという声があるが…。

「おそらく筒香になるのではないか。中田はこれまで打点王を2度取っていますが、バッティングが粗く確実性に乏しい。プロ9年間の通算打率が2割5分7厘。昨シーズンは2割5分。ちょっとではなく、かなり物足りない。やはり四番は少なくとも2割7分はほしい」(同・記者)

一方、筒香は昨シーズン、44本塁打、110打点、打率3割2分2厘と本塁打と打点の二冠王。プロ7年間の通算打率が2割8分6厘。打率も筒香の方がかなりいい。

「ただ、中田が圧倒的なのは通算本塁打。中田は通算161本塁打、筒香は7年で110本塁打しか打っていない。この天性の飛ばす能力は大きい。中田はここ一番、塁が溜まったところで本塁打を放つ能力がある。だから打点も多い」(野球雑誌編集者)

こうしてデータを比較してみると一概には中田がいい、筒香がいい、ということも言えないようだ。

「侍ジャパンは三番筒香、四番中田がベストという声もあります。ジグザグだし相手に対応しやすい。それにどちらにも長打があるのが魅力です。ただトリプルスリーの東京ヤクルトスワローズ山田哲人もいるので三番山田、四番中田、五番筒香説もあるし、山田、筒香、中田の並びもあり得ます」(同・編集者)

それにしても、入団時から中田といえば話題の選手だったのに、昨今はいかに各局の女子アナたちから“追っ掛けの対象”とされているかどうかがブームのバロメーターのようになってしまった。大谷、筒香が中心になるのは仕方がないようだ。

「中田は2012年に結婚。子供もいるので女子アナたちも眼中にない。中田本人もWBCについて『四番は筒香でしょ』とソッケない。野球より、もしかしたら女子アナにシットしているのかもしれません」(スポーツライター)

WBCが心配だ。

 

【画像】

fresco2 / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 年末に「入れ墨を消します」と誓った清原和博の近況

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

※ 新婚生活を満喫中の福原愛によぎる「引退」

羽生結弦のことを「生きた芸術品」として紹介したのは?

※ 清原和博が事件後に異例の早さでテレビ出演した理由