「整形でなりたい顔1位」乃木坂46白石麻衣人気の秘密

(C)まいじつ

『乃木坂46』の人気メンバー、白石麻衣の2nd写真集がバカ売れしているという。2月7日に発売され、初版10万部のところ発売前に重版がかかり、実際は13万部ということになったようだ。

「熱心なアイドルファンは予約したら必ず買います。キャンセルなどしません。しかも驚いたのは、発売翌日にまた重版となりトータル18万部までになったこと。これは昨今の写真集では異例の売れ行きです」(アイドル雑誌編集者)

通常、写真集というのはどれほど売れるのか。

「人気グラドルの水着なら3万部前後。あまり有名でない子なら1万部いけば御の字。ただ“ギリギリセクシー”となると、名の通ったアイドルや女優で一気に5万部。バストアップで8万部、ヘアで10万部を想定します」(同・編集者)

それを考えると、白石の写真集はまさに“驚異的な売れ行き”だ。下着での半裸セクシーショットはあるものの、おおよそギリギリではない。もちろん、ファンが最も見たい部分はチラッとも見せていない。

「いま乃木坂は『AKB48』より個々のレベルが高くて、アイドル通ならずとも乃木坂の方が“人気は上”と見ています。ですから固定的なファンの“爆買い”があるでしょう。一人の読者が3冊も4冊も応援のために買うのです」(同・編集者)

彼女の特徴は男女問わず人気があることだ。女性誌の“なりたい顔ランキング”ではトップ10以内に入ることが多い。

「派手さはないのですが、親近感が湧くとされます。女子にとっては身近なイメージ。男子にとっては彼女にしたいという妄想。手の届きそうな範囲のアイドルなんです」(同・編集者)

白石には、こんなユニークなデータも出ている。

「ある美容外科が実施した“整形してなりたい顔”の1位になったことがあります。“決してなれない顔ではない”と思われているのでしょう。整形願望の女性患者の間では、圧倒的に白石をモデルにして顔を変えてくれというのが多い。美容外科では近年、常にトップクラス」(美容外科医)

写真集が売れる理由も分かる。

 

【あわせて読みたい】

※ 木村拓哉「A LIFE」で医学生に見せられないと指摘されたシーン

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

アンジャッシュ渡部が佐々木希と「証拠写真」を撮られない理由

※ 清水富美加の引退にNHK絶句「また『まれ』の出演者が…」

※ 小林麻央の「病状の中身」を報じたメディアに批判が集まる