久本雅美に「女子力ほぼゼロ」と言われるホラン千秋の日常

(C)Shutterstock

タレントのホラン千秋が、男性にもてないというその理由を明かした。ホランは2月11日に放送されたバラエティー番組『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に出演した際、司会の久本雅美に「おまえ、絶対結婚できないわ」と言われたほどだ。

「ホランはアイルランド人の父と日本人の母とのハーフで、目がぱっちりしており、鼻も高く、西洋人に近い顔立ちをしています。その一方で、瞳は黒で黒髪。和洋のよさを併せ持った見た目です。でも、男性に人気があるというイメージはありません」(女性誌記者)

ホランは、好みではないが彼女にしたいランキングで1位になったことがあり、整った顔立ちであるにもかかわらず、いまいち男性好みではないとされている。

「瞳、まつ毛、眉毛、髪の毛、いずれも黒く、特に眉が太くて、純粋な日本人より濃い顔をしています。それに加えて、ショートカットが特徴であるのですが、顔が濃いので違和感を感じてしまいます」(同・記者)

英語が堪能で、青山学院大学文学部出身。大学時代は学業奨励賞も受賞している。女子アナウンサーを志望していたが、全てのテレビ局で試験に落ちてしまったという。

「子供のころから芸能事務所に所属していたので、どこかの局には採用されると思っていたのでしょう。しかし、その目論見は外れてしまい、行き先もなくスーパーでレジ打ちのアルバイトをしていたと、本人は回顧しています。そのあいだもずっと芸能事務所に所属していたため、のちにフリーアナの仕事が入り、人気者になりました」(テレビ雑誌編集者)

彼女を有名にしたのは、2012年に『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のキャスターになったことだろう。

「きれいで知性的に見えるのですが、微妙なキャラクターだったため、1年で降板になりました」(同・編集者)

メレンゲの気持ちでは、ホラン自身でもてない理由について、“ひきこもり癖”や“貧乏性”などを挙げている。

「家でだらだらしていることが好きなようで、仕事がないと3日は風呂に入らない“汚ギャル”だそうです。久本に『結婚できない』と言われるほどですから重症でしょう」(芸能事務所関係者)

何だかとても惜しい人だ。

 

【あわせて読みたい】

※ 木村拓哉「A LIFE」で医学生に見せられないと指摘されたシーン

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

アンジャッシュ渡部が佐々木希と「証拠写真」を撮られない理由

※ 清水富美加の引退にNHK絶句「また『まれ』の出演者が…」

※ 小林麻央の「病状の中身」を報じたメディアに批判が集まる