夏目三久がCMで見せた演技に「アナウンサーより女優がいい」

(C)まいじつ

フリーアナウンサーの夏目三久の評価がうなぎ上りだ。一部報道などによれば、彼女は今後、女優に進出するという話もある。女子アナの仕事域を離れても、彼女のパフォーマンスは評価が高いという。

「夏目は2011年『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)での淡々とした司会ぶりで大ブレイク。時折ボソッとイヤミを言うことで人気を上げたのですが、番組の進行そのものがうまかった。元局アナの力をいかんなく発揮していたと思います」(テレビ雑誌編集者)

かつて夏目は日本テレビの局アナだった時代、元彼氏とのベッドでの“コンドーム写真”が流出。一時期などコンドーム名を取って“サガミちゃん”などと陰で呼ばれたほどだった。

「下半身にまつわる話は、おおよそ事実でしょう。その後、局内では窓際になり退職。しかし、辞めた後に元職場の日テレからも『真相報道 バンキシャ!』MCのオファーがあって再登場。夏目に対する“見直し論”が高まりました」(同・編集者)

ところが昨年末、番組で共演したお笑いの有吉弘行との間で妊娠説が出て大騒ぎとなった。

「夏目は正直、有吉クラスの芸人と結婚するとは思えない。真実はどうあれ、彼女はスポーツ紙でハッキリ『交際も妊娠もありません』と否定。彼女の有吉との交際話は、すでに終わった話です」(芸能プロダクション関係者)

となると、夏目の恋人は誰かということになるが、いまは彼氏問題より女優転身説に話題が移っていると言っていい。

「夏目はフリーアナですが、女優としての存在感がある。身長168cmとかなり背が高く、しかもバスト88cmのナイスなプロポーション。ルックスはショートカットで目の大きな美人。女子アナの主流はロングヘアなので、異色の存在です」(同・関係者)

夏目は現在有料放送サービス『スカパー!』のCMに出演中。俳優の堺雅人と共演しているが、ことさら番組の低額を強調する内容はともかく、夏目の演技は“本物”だと評判だ。

「台詞の言い方にすごく説得力あります。これが同年代の“カトパン”こと加藤綾子だとしたら、そんなに話題にならなかったかもしれない。たかだかCMですが、女優としてインパクトがあります」(同)

“女優”の夏目三久のファンが一気に増えそうだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 乃木坂46のコンサートの裏でAKB48が味わった「屈辱」

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

※ ドラマ・相棒で新たな相棒の候補に浮上した元「SMAP」メンバー

※ 朝ドラのまれ以外にも…テレビ界で囁かれる「呪いのドラマ」

※ 佐々木希のセクシーCMに寄せられた賛否両論の声