「天然」か「確信犯」か?芸能人のSNS炎上パターン

PILart / PIXTA(ピクスタ)

松本伊代と早見優が2月10日、京都府警に鉄道営業法違反の疑いで書類送検された。

原因は松本がブログに載せた写真(削除済)で、松本が早見と共にテレビ番組のロケで京都市内を訪れた際、JR山陰線の線路内で撮影したものが問題になった。無許可で立ち入り禁止区域へ入ったとして批判が殺到し、インターネット上で炎上。書類送検につながった。

「松本は会見で、無許可で線路内に立ち入ったことについて『(罪になるとは)一切思わなかったです。テンションが上がって(線路内で)撮ってしまった』と語っていました。根っからの天然キャラゆえに炎上を招いてしまった格好です」(芸能ライター)

芸能人のSNSに関する炎上には、いくつかパターンがあり、松本は“天然系”というわけだ。そして、先日問題になった『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮も天然系だ。

「動画サイトで狩野英孝の謝罪会見を視聴しながら、匿名でコメントを書き込んでいたのですが、自身のツイッターが動画サイトと連動していることに気づいていなかった。そのため、コメントがそのままツイッターに流れてしまったのです。その内容が狩野の擁護と、メディアを批判した発言だったため、炎上騒ぎになりました」(同・ライター)

一方で、天然系とは対照的な“確信犯系”の炎上もある。

「辻希美が1月末に、自身のブログで『関ジャニ∞』の安田章大が、自宅に泊ったことを掲載しました。これを見た安田のファンから批判が集まって炎上しています。辻は、ブログの広告月収が500万円とも言われており、ときどきあえて炎上させてアクセス数を稼いでいます。最近では、角田信朗が松本人志との確執を告白し、ブログのアクセス数を急増させていました」(同・ライター)

一番多い炎上パターンは“失言系”で、最近では音楽バンド『ONE OK ROCK』のタカがインスタグラムで、日本人のファンが所構わずスマートフォンで写真を撮り、海外公演でも最前列に位置取ることに苦言を呈して炎上した。

SNSの利用は慎重に行わないと、大きな問題を招くことが多い。

 

【画像】

PILart / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

※ 乃木坂46のコンサートの裏でAKB48が味わった「屈辱」

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

※ ドラマ・相棒で新たな相棒の候補に浮上した元「SMAP」メンバー

※ 朝ドラのまれ以外にも…テレビ界で囁かれる「呪いのドラマ」

※ 佐々木希のセクシーCMに寄せられた賛否両論の声