ジャニーズ事務所が嵐・櫻井翔と小川彩佳アナの交際を認めた理由

(C)まいじつ

『SMAP』なきあとにジャニーズ事務所の屋台骨を支える期待の掛かっている『嵐』の櫻井翔と、テレビ朝日の小川彩佳アナウンサーの交際が発覚した。

ジャニーズ事務所の“次期社長”と目されている同事務所副社長の藤島ジュリー景子氏は、このことを黙認するつもりという。ところが『それはおかしいのでは』という声が、同事務所内外から挙がっている。

「木村拓哉が工藤静香と結婚をし、これをジュリー副社長が認めたことから、SMAPに亀裂が走る原因になったとされています。ジュリー副社長は嵐の担当で、“溺愛”しているのは分かります。さらに櫻井は、頭脳が明晰で、グループのプロデュースもできる男なので、多少は甘やしているところもあります」(アイドルライター)

小川アナは、青山学院大学卒業後の2007年にテレビ朝日へ入社。早々に田原総一朗氏の『サンデープロジェクト』の司会に抜擢され、2011年からは『報道ステーション』で、古舘伊知郎氏の隣でサブキャスターを務め始めた。昨年3月に古舘氏が降板したあとも、そのアナウンス技術を買われ、報ステの大半の出演者が入れ替わるなかでも留任している才媛だ。

「櫻井と小川アナは、もうお互いの家を行き来しているほど仲がよく、結婚も時間の問題とのことです。つい最近には、同じ嵐の松本潤にセクシー女優の葵つかさとのスキャンダルが発覚し、嵐の人気が揺らいでいます。しかし、櫻井と小川アナのような“まともな交際”まで認めないとなれば、ジャニーズ事務所はブラック企業扱いされ続けるでしょう」(同・ライター)

 

ジャニーズ事務所も小川アナの「技術」が必要?

SNS上では《もう櫻井も35歳だよ。そろそろ結婚してもいいんじゃないかな》、《お似合いすぎる! 翔ちゃんが幸せでいられますように》といった肯定的な投稿もある。さらには次のような意見もあるという。

「櫻井をジャニーズ事務所の幹部にして、タレントもニュース番組のMCができるように訓練すれば、アイドルにも新たに生きる道ができるというのです。その“訓練”のアドバイスもできる小川アナは重宝されるということです」(同・ライター)

SMAPの木村や『V6』の長野博が結婚するときは、ジャニーズ事務所内で『結婚させていいいのか』という声が挙がったという。しかし、櫻井はジュリー副社長の覚えがめでたいことから交際が許されているのであれば、ほかの多くのジャニーズタレントからの嫉妬を買うに違いない。

 

【あわせて読みたい】

※ 嵐・櫻井翔とNEWS・小山慶一郎に付いたキャスターとしての差

 「変幻自在俳優」鈴木亮平が銭形警部になりきる新ドラマがスタート-Sponsored

※ ジャニーズ王国崩壊劇のキーパーソンに石原さとみの名前が浮上

※ 朝ドラのまれ以外にも…テレビ界で囁かれる「呪いのドラマ」

※ 佐々木希のセクシーCMに寄せられた賛否両論の声